PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

GETスタッフの「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」

2012年11月28日

平和のための音楽♪ ~アフリカン・ユース・アンサンブル~

今回はピースボートが行っている活動の1つについて紹介します。

ピースボートには、人と人とのつながりを築いていくUPA(「United People's Alliance(人々の連合)」の略)という国際協力プログラムがあります。このUPAプロジェクトを通じて、ピースボートはこれまで何年にも渡って南アフリカ共和国のソウェトにある音楽グループ、アフリカン・ユース・アンサンブル(通称:AYE)を支援してきました。船で南アフリカに寄港する度にバイオリンが寄付できるように、UPAチームは日本全国からバイオリンを集めることでAYEの使命である「音楽を通して南アフリカの若者を啓蒙する活動」に貢献してきたんです。


アフリカン・ユース・アンサンブル

南アフリカの首都・ヨハネスブルグ郊外のソウェト(旧黒人居住区)にあるAYEは、2000年にコルワネ・マンツさんによって設立されました。ソウェトでは、1970年代から80年代にかけて、アパルトヘイト(人種隔離政策)に対して高まった不満がソウェト蜂起に始まる暴動へと発展していきました。今日、ソウェトには富裕層の住む郊外と貧困層の住む貧しい住宅地があり、犯罪やドラッグ、若者の失業問題など様々な困難がコミュニティーを悩ませ続けています。ソウェトは今でもアパルトヘイト時代の傷や不平等さを改善すべく戦っており、AYEはこの地域の特に若者への希望となっています。


アフリカン・ユース・アンサンブルで音楽をまなぶ若者

ピースボートは、AYEを応援するためにコルワネ・マンツさんとAYEに所属する南アフリカの若者4名を78回クルーズのモーリシャスのポートルイスから南アフリカのダーバンまで(2013年1月5日から10日まで)招待することにしました。洋上では、AYEによるコンサートやワークショップをはじめ、他の水先案内人の方々と一緒に行う企画やAYEの活動に関する講座なども行われる予定です。


多民族が共生する「虹の国」を担う南アフリカの若者たち

とても素晴らしい企画ですが、彼らを招待するには資金が必要です。そこで、資金を募るためのパーティーを12月7日の金曜日に開催することにしました!このパーティーの収益金は全てAYEの若者がソウェトから船に乗船するのに必要な交通費に充てられます。ちょうどクリスマスの季節です。クリスマスはお祭りのようにお祝いするだけでなく、プレゼントを贈り合うことで寛大な心を表す季節でもあります。皆さんの寛大さで南アフリカの若者たちに一生忘れられないクリスマスプレゼントを贈りませんか。

高田馬場のマリンビルで南アフリカの音楽やワインを楽しみながら南アフリカに行ったような気分を味わう事ができるイベントです!おいしい手料理やゲームなども用意しています。

AYEの使命や78回クルーズでの活動内容についてもお話しします。南アフリカに行ったことがある方も、ない方も、ドリンクを片手に新しい出会いや南アフリカの雰囲気を一緒に楽しみましょう!

Please come and join us!


--ワンポイント英会話------------

come and join  ふるって参加する

Please come and join us!
→是非ご参加下さい!

ページ上部へ戻る

2012年11月09日

TOEICコース

何度ピースボートに乗っても、乗る度に新しく学ぶ世界問題があるように、船の上には新しく学ぶ学習方法もあります。僕が一番最近乗船した76回クルーズでは、初めてTOEICコースを教えることで新しい学習方法を学びました。GETではクルーズ毎に10回の短期集中講座を実施しています。


76回クルーズ、洋上のGETクラス。

TOEICテストって何って思っている方もいるかもしれませんね。

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、職場で必要とされる英語の「聞く」「読む」力を測定する世界共通のテストです。世界中の雇用者が国や文化に関係なく、英語によるコミュニケーション能力を評価する指標としてTOEICテストを使っています。

英語は、グローバルになるチャンスをもたらしてくれる言語です。過去30年にわたって、何百万人もの人たちがTOEICテストを受験し、自分の実力を見せることで良い就職に役立ててきました。今日、TOEICテストは120カ国以上の1万以上の組織によって実施されていて、2010年には6百万人以上の人が受験しました。

GETでは、どうしてTOEIC準備コースを実施しているのか。その答えは簡単です。それはGETでも大事にしている三つのことがTOEICと共通しているからです。その三つのこととは、タスクベース、グローバルイングリッシュ、コミュニケーションを重視しているところです。TOEICコースを通して生徒たちが船での経験や正確な評価で測った能力を活かして次の段階へ進み、海外で仕事をしたり、外国でボランティアしたり、留学することを楽しみにしています。TOEICは、こういった海外に行く準備としても、とても良いテストだと思います。

TOEIC短期準備コースを教えていて、生徒たちのやる気に刺激を受けました。テストのスコアが上がることによってチャンスが広がるため、生徒たちがやる気を出していたんです。先生にとっても生徒にとっても、常に新しい学習方法を学びながら自分自身にチャレンジすることは大切だと思います。


76回クルーズのGETの先生たち。TOEICコースは先生たちにとっても良いチャレンジに。

TOEICコースやTOEIC IPテストは、東京のGET高田馬場校でも実施しています。次回のTOEIC IPテストは、2012年11月10日(土)。前日まで受け付けていますので、興味のある方は下記のウエブサイトをご覧下さい。
http://www.getuniversal.co.jp/events/toeicip2012.dwt

その調子で頑張ってね!



--ワンポイント英会話------------

keep up ~を維持する/続ける

Keep up the good work!
→良い仕事を続けてください。(その調子で頑張ってね)
You should keep up the pace.
→そのペースを維持した方が良い。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |