PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

GETスタッフの「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」

プロフィール 四角い線の見出し

画像

名前:ジョナサン
出身地:アメリカ・シアトル出身
趣味:映画、芸術鑑賞、おしゃれなカフェへ行く
特技:サッカー
一言:Metta (Be happy)!周りの人を幸せにしようと思うことで、自分も幸せになります。笑顔を絶やさず!


ピースボートステーション
パーソナル・ブログ
四角い線の見出し

  • 萩原優治の 「やっぱり地球は円かった」
  • 恩田夏絵の「グローバルスクール日記です」
  • 篠原あきらの「船旅手帖」
  • GETスタッフの 「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」
  • 石丸健作の「地球で遊ぶ、地球で学ぶ」
  • 伊藤千尋の 「世界は元気だ」
  • 美幸の「世界と海の上の日記」
  • 和志の 「世界一周旅だより」2
  • りょうの 「世界一周見聞録」
  • みっとしの 「地球散歩」
  • カメちゃんの 「地球通信」
  • ハナの「地球一周準備日記」
  • ちかの 「徒然、30才の地球一周たび日記」

最新記事四角い線の見出し


アーカイブ四角い線の見出し


最新コメント四角い線の見出し


2014年02月24日

まだある英語学習方法...それは@美術館

外国語を学習する時に一番大切な2つのことは、
『モチベーションを保ち続けること』と『混ぜること』。

そして、両方を実行するのに良い方法の一つが、
美術館に行くことです。

これが一番良い学習方法だと皆は思わないかもしれないけど、
僕は先日上野の国立西洋美術館に行った時にこの可能性を発見したんだ。

モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新(国立西洋博物館)
モネ展「風景をみる眼」(TBS)
Monet, An Eye for Landscapes: Innovation in 19th Century French Landscape Paintings(The National Museum of Western Art / 英語)



普通の美術館訪問を英語での挑戦(学習)に変える方法を
5つに分けて紹介します。
  1. 英語を話したい友達を見つける。
    誰だって話す相手が必要。英語で過ごす時間にきちんと取り組める友達が見つけられればベスト
  2. ただ見ていないで、説明する。
    記述的な言葉を使って場面を説明し、次に起こりうることを話し、雰囲気についてはなそうとすること。
  3. きちんと話す。
    絵画に関連した単語を事前に学習しておくこと。
  4. 歴史は重要。
    行く前に画家について調べておくと絵を文脈に置いて、展示会で学ぶことと相互参照することができる。
  5. コーヒーを飲みながら意見を交わす。
    コーヒー(またはビール)を飲みながらゆっくり学んだことを話す。
大事なことは、そこに行って自分がクラスや家で学んだ英語を使うこと。
英語を話す機会を作るんです。
そうすれば、必ずモチベーションも持ち続けられるはず!

これらの絵画はあなたをどんな気分にしますか?
どの季節に描かれたと思いますか?
モネについて何を知っていますか?

これらは、英語に挑戦する前に自分で準備できる質問の一例にすぎません!


-- ワンポイント英会話 ---------
stay motivated : モチベーションを保ち続ける

It is important to stay motivated.
→モチベーションを保ち続けることが重要です。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |