地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

GETスタッフの「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」

プロフィール

画像

名前:ジョナサン
出身地:アメリカ・シアトル出身
趣味:映画、芸術鑑賞、おしゃれなカフェへ行く
特技:サッカー
一言:Metta (Be happy)!周りの人を幸せにしようと思うことで、自分も幸せになります。笑顔を絶やさず!


ピースボートステーションパーソナリティー

  • 萩原優治の 「やっぱり地球は円かった」
  • 恩田夏絵の「グローバルスクール日記です」
  • 篠原あきらの「船旅手帖」
  • GETスタッフの 「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」
  • 石丸健作の「地球で遊ぶ、地球で学ぶ」
  • 伊藤千尋の 「世界は元気だ」
  • 美幸の「世界と海の上の日記」
  • 和志の 「世界一周旅だより」2
  • りょうの 「世界一周見聞録」
  • みっとしの 「地球散歩」
  • カメちゃんの 「地球通信」
  • ハナの「地球一周準備日記」
  • ちかの 「徒然、30才の地球一周たび日記」

最新記事


アーカイブ


最新コメント


2014年12月15日

ピース&グリーンボート乗船レポート

第89回クルーズ「ピース&グリーンボート」で
素晴らしい経験をして帰ってきました!

ピースボートと韓国の NPO「環境財団」が
共同でコーディネートするこのクルーズは、
最も純粋な草の根レベルでの異文化コミュニケーションの場。
日本人の乗客半分と韓国人の乗客半分とで構成されたクルーズは、
より強いアジアのコミュニティー構築に向けて前向きな一歩を踏み出しました。


長崎平和公園の平和祈念像

今回のクルーズでは、釜山、済州島、台湾、沖縄、長崎、博多を訪問。
短いクルーズでしたが、講座やワークショップを通して
参加者の皆さんが日本と韓国について学んでいました。


初めて訪れる場所もたくさんありました


正直、一番素晴らしい異文化コミュニケーションの時間は、
夕食やサッカートーナメント、
船が港を離れる時に、マッコリを片手に
おしゃべりしているような時だったと思います。

クルーズを通して生活を共にし、
共に取り組み、共に学ぶことで、
互いの考え方を密に理解することができました。


済州島の石人像「ハルバン」


僕は今回のクルーズに乗船することで、
再び世界を別の視点から見ることができました。


沖縄・首里城。かつての琉球王国の中心、そして現在の沖縄のシンボルとも言えるもの。

今回のクルーズから学んだ大事なことの一つが、
「ある出来事の歴史は、常に他の人の視点から見てみるべきだ」ということ。

別の人の立場になって考えてみることで、
その問題について別の見方ができるからです。

この旅で僕がわかったことは、
「共感すること」が平和を表すもうひとつの言葉だということ。

いろいろと学びの多い旅でした!

※ピース&グリーンボートは、2015年も出航します!
詳しくは「PEACE & GREEN BOAT 2015」


-- ワンポイント英会話 ---------
put oneself in someone's shoes
(人)の立場なって考えてみる、自分を(人)の立場に置いてみる

You should put yourself in the other person's shoes.
→他の人の立場になって考えてみるべきです。





おまけ:韓国料理も美味しかった!

ページ上部へ戻る

2014年10月25日

曼珠沙華

東京は1年のうちで最も素晴らしい季節だよね!

まさに完璧な気温で、晴れていて満開を迎えた花もあって。
アウトドアのアクティビティにぴったりの季節。
逗子海岸でのサーフィンだろうと海の近くのBBQだろうと
お気に入りの公園を訪れるのにだって、楽しむなら今!



最近、家族と一緒に満開の曼珠沙華とコスモスを見に
埼玉の高麗に行ってきました。

英語で曼珠沙華は、spider lily!

イメージにピッタリでしょう?

栗が売られていたので収穫時期なんですね。
うーん、栗、おいしそう!

ほとんどの赤い曼珠沙華は、川の近くに咲いていて、
絵になる写真を撮るのにも、川の側でランチを食べるのにも良いセッティング。



コエドビール(COEDO)がある小さな食事エリアもありました。
そこで僕たちが飲んだのは、伽羅(Kyara)。
このビールを知らなくても、地ビールが好きなら検索してみてください。

この近くには 『阿里山Café』という
のんびりした美味しいベジタリアンのレストランもありますよ。

高麗でも近くの公園でも、どこか外に出てこの季節を楽しんでね!


-- ワンポイント英会話 ---------
曼珠沙華:Spider Lily
栗:Chestnuts

time of year:時期、時節

What a great time of year here in the Tokyo area!
→東京は、1年のうちで最も素晴らしい季節だね!

ページ上部へ戻る

2014年09月18日

Global English Camp 2014

8月の終わりにGETで初めて泊りがけのキャンプを行いました。

結果は、大成功!

キャンプ中は、言語スキルを高めるアクティビティーがたくさん行われました。

1つ目のアクティビティーは、皆が仲良くなって1つのチームになるためのバーベキュー。自分ができる最大限の英語力を出すためにも、皆と知り合いになることで気兼ねなく話せる環境を作ることは大事です。

バーベキューで英語脳を楽しくウォームアップした後は、意見の述べ方を学ぶ90分間のレッスン。

レッスンの後は、ホテルを囲む森の中をお散歩。お互いに自分が見たものや知ったことについておしゃべりしながら歩きました。


レッスンの後のお散歩中に記念撮影。澄んだ空気と青々とした緑の中、
リラックスして英語での会話を楽しみました。


そして、2つ目のレッスンでは、言葉の置き換えを練習。皆で夕食を食べた後は、英語でカラオケの歌を歌って楽しい夜を過ごしました。

2日目は、1日目に一緒に学んだ言語を復習し、日本文化についての話し方を学び、最後には一人ずつ皆の前で発表! そして、2日間の締めくくりは温泉でした。


3つの集中レッスンでは、しっかり学習。全員がプレゼンまで頑張りました!

参加した皆さんは、新しいフレーズを学ぶだけでなく、自信を得て、新しい友達を作ることもできました。

どうですか?良いプログラムでしょう?
次回は参加してはいかがですか?


-- ワンポイント英会話 ---------
Stretch one's legs : 脚を伸ばす、散歩する

We stretched our legs in the forest surrounding our hotel.
→ホテルを囲む森の中を散歩しました。

ページ上部へ戻る

2014年06月03日

白川郷

今年のゴールデンウイークは家族といっしょに
世界遺産にも指定されている白川郷を訪れました。

そしてそこは英語の勉強をするのに最適な場所だということに気がつきました。



というのも、白川郷では英語で書かれた情報、
ガイドブックや看板がたくさんありましたし、
なにより外国人観光客をたくさん見かけました。

“やる気”さえあれば、様々な英語の情報が無料で入手できますし、
英語力をつけるには最適な場所だと思います。

いろいろと学んだ後は、
ボランティア精神を発揮して外国人観光客を案内すれば、
友人もできるし、同時に日本文化を深く知ることができて一石二鳥です。

自分なりのゴールを設定するのは英語上達のためにとても大事なことです。
目標を持つことで、“やる気”(=モチベーション)を
持続させることができるからです。


-- ワンポイント英会話 ---------
filled to the brim
brimは元々帽子の「つば」のことですが、
「あるものが何かでいっぱいに満たされている」ということ。

The cup was filled to the brim with coffee.
→カップにはコーヒーがなみなみとつがれていた。

ページ上部へ戻る

2014年02月24日

まだある英語学習方法...それは@美術館

外国語を学習する時に一番大切な2つのことは、
『モチベーションを保ち続けること』と『混ぜること』。

そして、両方を実行するのに良い方法の一つが、
美術館に行くことです。

これが一番良い学習方法だと皆は思わないかもしれないけど、
僕は先日上野の国立西洋美術館に行った時にこの可能性を発見したんだ。

モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新(国立西洋博物館)
モネ展「風景をみる眼」(TBS)
Monet, An Eye for Landscapes: Innovation in 19th Century French Landscape Paintings(The National Museum of Western Art / 英語)



普通の美術館訪問を英語での挑戦(学習)に変える方法を
5つに分けて紹介します。
  1. 英語を話したい友達を見つける。
    誰だって話す相手が必要。英語で過ごす時間にきちんと取り組める友達が見つけられればベスト
  2. ただ見ていないで、説明する。
    記述的な言葉を使って場面を説明し、次に起こりうることを話し、雰囲気についてはなそうとすること。
  3. きちんと話す。
    絵画に関連した単語を事前に学習しておくこと。
  4. 歴史は重要。
    行く前に画家について調べておくと絵を文脈に置いて、展示会で学ぶことと相互参照することができる。
  5. コーヒーを飲みながら意見を交わす。
    コーヒー(またはビール)を飲みながらゆっくり学んだことを話す。
大事なことは、そこに行って自分がクラスや家で学んだ英語を使うこと。
英語を話す機会を作るんです。
そうすれば、必ずモチベーションも持ち続けられるはず!

これらの絵画はあなたをどんな気分にしますか?
どの季節に描かれたと思いますか?
モネについて何を知っていますか?

これらは、英語に挑戦する前に自分で準備できる質問の一例にすぎません!


-- ワンポイント英会話 ---------
stay motivated : モチベーションを保ち続ける

It is important to stay motivated.
→モチベーションを保ち続けることが重要です。

ページ上部へ戻る

地球一周の船旅について知りたい方は! 全国開催60都市以上

| サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |