PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

GETスタッフの「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」

プロフィール 四角い線の見出し

画像

名前:ジョナサン
出身地:アメリカ・シアトル出身
趣味:映画、芸術鑑賞、おしゃれなカフェへ行く
特技:サッカー
一言:Metta (Be happy)!周りの人を幸せにしようと思うことで、自分も幸せになります。笑顔を絶やさず!


ピースボートステーション
パーソナル・ブログ
四角い線の見出し

  • 萩原優治の 「やっぱり地球は円かった」
  • 恩田夏絵の「グローバルスクール日記です」
  • 篠原あきらの「船旅手帖」
  • GETスタッフの 「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」
  • 石丸健作の「地球で遊ぶ、地球で学ぶ」
  • 伊藤千尋の 「世界は元気だ」
  • 美幸の「世界と海の上の日記」
  • 和志の 「世界一周旅だより」2
  • りょうの 「世界一周見聞録」
  • みっとしの 「地球散歩」
  • カメちゃんの 「地球通信」
  • ハナの「地球一周準備日記」
  • ちかの 「徒然、30才の地球一周たび日記」

最新記事四角い線の見出し


アーカイブ四角い線の見出し


最新コメント四角い線の見出し


2014年01月16日

Christmas holidays!

『Home is where the heart is.(故郷とは自分の心があるところ)』

これは、英語でとても人気のあることわざ。
世界中のどこに居ても自分が居るところに自分の「心」があれば、
故郷は見つけられる、という考え方を言っているんだ。
(※この場合の「心」は、友人や愛する人たちのこと)

10年以上も海外に住んでると、これが確かに本当だと感じたこともある。
実際、世界中のどこに住んでも、それぞれの場所で
とても結束が強い仲の良い仲間を見つけることができたしね。
でも、ここ数年のホリデーシーズンは、
この言葉が必ずしも本当ではないのかもしれないと思い始めたんだ。
……ちょっとだけね。


シアトルで久しぶりに再会した友達と。

僕の故郷、シアトルには数年間帰ってなかったんだけど、
今回の帰郷は本当に今までで最高だったんだ!
親しい友だちと再会しただけじゃなくて、僕の新しい家族を紹介して、
観光する時間まであったんだ。


スノークォルミー滝を家族で観光

スノークォルミー滝バラードロックス
チフーリ・ ガーデン・アンド・ガラス博物館を訪問して、
ACTシアターで『クリスマス・キャロル』まで見たんだよ。

もう一つ、自分がよく知っている場所に旅行した時に良いのは、食べ物。
東京ではベジタリアンでいるのが大変だけど、シアトルでは簡単。
本当に、ほとんどのレストランにベジタリアン用の食べ物があるんだ。
地ビール醸造所のヴィーガンバーガー(菜食主義用のバーガー)は、
天にも届くおいしさだったよ!


実家で撮った家族写真。アメリカのクリスマスって感じだよね。


皆さんも故郷に帰ることを是非新年の抱負に入れてみてください。
故郷に帰れば、自分が何者かを再確認し、どこに向かっていくのか、
何になりたいのかを決めるのに必ず役立つはず。

PS: シアトルに行く時には、教えてくれれば僕の両親が喜んで案内するよ!


-- ワンポイント英会話 ---------
Show someone around : ~を案内する/案内して回る

I will show you around.
→(私が)案内しましょう。

My parents would love to show you around.
→私の両親が喜んで案内します。

ページ上部へ戻る

2013年12月04日

ホリデーシーズン到来!


以前のGETクリスマスパーティーの様子。楽しかったー!!

皆さんも知っている通り、ホリデーシーズンがやって来たよ!

米国の感謝祭の時期に行われるフットボールの試合が終わったと思ったら、
デパートにはクリスマスツリーが飾られ、
東京の街のあちこちにイルミネーションが飾られて――。
ここ東京GETも同じです。
みんなホリデーが大好き!

最近僕たちが行った米国の感謝祭に関するイベントでは、
この時期にごちそうを食べて感謝をする伝統が
何年もかけて行われてきたことを学びました。
そして、クリスマス・ショッピングの季節が始まる
「ブラックフライデー」と呼ばれる
感謝祭の翌日についても話しました。

でも、この時期に米国の人々がお祝いする行事は
他にも2つあるんだ。

それは、ハヌカー(Hanukkah)とクワンザ(Kwanzaa)。

ハヌカーは、「光の祭り」や「奉献の祭り」としても知られるもの。
エルサレム神殿(二番目の神殿)が奪回されたことを祝うユダヤ教の祝日で、
11月の下旬から12月の下旬にかけて8日間行われます。

クワンザは、米国や他のアメリカ地域に住む
アフリカ西部出身の人たちが
アフリカ系アメリカ文化の伝統を誇りに行うお祝い。
12月26日から1月1日にかけて1週間行われ、
ご馳走やプレゼントで1年を締めくくる行事です。
マウラナ・カレンガ博士によって作られたお祝いで
1966~67年にかけて初めてお祝いされました。

12月6日のEnglish Clubでは、
あまらり知られていないこれら二つの行事について話します。

最後になりましたが、GETでは『Let's GET merry!』と題して
12月20日にクリスマスパーティーを行います!

GETやピースボートのスタッフと一緒に
楽しい時間を過ごしませんか??

ぜひ予約してくださいね。Happy Holidays!

ご予約は、GETユニバーサルまで
Tel:03-5287-3192(月~金 10:00~18:00)/Fax:03-5287-3193
Websiteからのご予約・お問合せはこちらのフォームからどうぞ



-- ワンポイント英会話 ---------
Happy Holidays!
→楽しい休暇をお過ごしください!

ページ上部へ戻る

2013年10月03日

季節の変わり目は、身体を変えるチャンス!

秋です。
東京にいる皆も、暑ーい夏が過去のものとなって、ホッと一息ついているよう。家やオフィスを飛び出して何かするのにピッタリの季節です。僕はここ数週間、家族と一緒にピクニックをして過ごしてます。

先週の日曜日は、光が丘公園のロハス・フェスティバルに行ってきました。人がたくさんいて、あまり持続可能とは言えなかったけど、公園で過ごすのには最高の日でした。

この季節、僕がもう一つ挑戦するつもりなのが、もっと運動をするということ。完璧な温度に晴れた空、言い訳はできないよね。

トレーニングを始めるには、レースに出るようなモチベーションが必要なタイプなので、モチベーションを上げるのに良いと思って東京マラソンに応募したんだけど、残念ながら参加できなかった270,000人の1人になりました。

だから、1月中旬(寒っ!)に行われる谷川真理ハーフマラソンに出ることに決めました。そして、自分が食べるものに注意して、もっと歩くことを始めたんです。最初の走りは今週末。4ヶ月も鍛えれば、ハーフマラソンを走りきれるような気がするんだ。

以前はマラソンやトライアスロンに参加していたけど、最近はしてなかったので再開したいです。それには秋が絶妙のタイミング。



この写真は「いぜな88トライアスロン」に参加した後に友だちと撮った写真。5~6年前かなぁ。あー、あの頃は若かった...(笑)。

いぜな88トライアスロン:沖縄県伊是名島で毎年秋に行われるトライアスロン大会。スイム2km・バイク66km・ラン20kmの計88kmを駆け抜ける。輝く伊是名ビーチはじめ、沖縄の離島らしい雰囲気を存分に楽しめることも魅力。

皆さんも外に出て、自分ができる方法でこの天気を楽しんだ方が良いですよ...。
冬の寒い日がやってくる前にね。

心身の健康をキープする方法の1つが、11月4日(月)のチャレンジプログラムへの参加。昭和記念公園に行って、ローンゲーム(芝生の上で楽しむゲーム)などのアクティビティーやバーベキュー、美しいコスモスの花も楽しめます。公園での時間を楽しみながら英語を話しましょう!

詳細はこちら↓↓
GETユニバーサル・東京チャレンジプログラム
GETのfacebookにも掲載しています。いいね!、シェア大歓迎!!


-- ワンポイント英会話 ---------
enjoy a day out in a park
→公園で一日を楽しむ

ページ上部へ戻る

2013年09月14日

チャレンジプログラム~英語で江戸文化体験~

「学ぶ、使う」、 「学ぶ、使う」のサイクルは、
東京GETで私たちがとても大事にしていること。
ここに通う生徒さんたちに、もっともっと
英語を話す機会を持ってもらおうとしているんだ。
最近僕たちがここ東京で行った
イベントの1つがチャレンジプログラム。
両国の江戸東京博物館に行きました。

日本文化や伝統に関する博物館に行っても
英語を話す良い機会にはならないと思うかもしれないけど、
それは間違い。

英語でのガイドツアーがあるし、
ほとんどの展示が英語でも説明されていて、
東京を訪れるほとんど全ての外国人が
この重要な歴史博物館に立ち寄るんだ。

館内にある学習ルームでグループに分かれて、
グループのメンバーと知り合いになって、
この日の課題を理解したら博物館の中へ出発!

グループは全部で5つ。
2つのグループは英語ガイドと一緒に、
残りの3つのグループは英語の音声ガイドを片手に
自分たちでコースを決め、
選んだ順番で展示されたものを見て学びました。

グループをリードするのは、スウェーデン、デンマーク、
北アイルランド、アメリカ出身のリーダーたち。

1時間半以上、館内を見て歩いた後は
学習ルームに戻って集合。


学習ルームで課題を確認

参加した皆さんは報告会で
それぞれに自分たちが過ごした時間や学んだこと、
また博物館で出会った外国人の人たちについて話しました。

外国から友人が来た時のために
自分の国や故郷の紹介方法を学んでおくのは
大事なスキルの1つ。
参加した皆さんはまた、自分たちが住んでいる街の歴史を
どれだけ知らなかったかについても驚いていました。



最もふさわしくないと思われる場所でも、
英語を学習する方法を見つけることは可能なんですよ!


-- ワンポイント英会話 ----------

get to know each other お互いのことを理解する

Let's get to know each other better!
→お互いにもっとよく知り合おう!

How did you get to know each other?
→どうやって知り合ったの?

ページ上部へ戻る

2013年08月31日

日本の夏の楽しみ方 ~花火~

たまや~っ!

先日、隅田川の花火大会でずぶ濡れになり
雷に打たれそうになった人たちがどう思っているかはわからないけど、
東京の花火はすばらしいですよね。

僕が花火大会を好きな理由はたくさんあります。
しばらく会っていなかった友だちと会う良い機会になるし、
友達と集まればそこには絶対に笑いがあって、
ビールがあって、
その上かき氷や焼きそばだって食べれたりして。
中でも一番重要なのが、
子供に戻った気分にさせてくれること。

というか、みんな正直になろうぜ、
花火大会と聞いて興奮しない人が世の中にいるのかな?



僕は先日親しい友人の家で花火大会を楽しみました。
集まった友人たちは世界中の様々な所から集まっていて、
経験も異なり、年代も性別も様々でしたが、
誰もが子供のように目を輝かせて
目の前で打ち上げられる花火を楽しんでいました。

僕の息子は文字通り花火に釘付けで、
20分ほど目が放せない状態でした!
花火は、34歳と生後3ヶ月の二人を完全に虜にしてしまったようです。
親しい友人や家族と一緒に過ごした数時間は、
良い思い出となる、魔法のようなひとときでした。

今年の夏、まだ花火で感動をしていないというそこのあなた!
大丈夫、まだこれから楽しめる花火大会もあります、
是非実際に感動を味わってくださいね。


-- ワンポイント英会話 ----------
Despite にもかかわらず

Despite what you may think...
→あなたがどう思うかに関わらず

Despite my best efforts
→最善の努力にも関わらず

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |