PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

伊藤千尋の「世界は元気だ」

プロフィール 四角い線の見出し

画像

名前:伊藤千尋
出身地:山口県下関市
趣味:旅、フルート、合唱、詩吟、ワイン、読書、映画、登山
特技:合気道、スペイン語、ルーマニア語、ロマ語、速読、速筆、講演
一言:ピースボートと関わって20年。ここ10年以上は毎年水先案内人として乗船してきました


ピースボートステーション
パーソナル・ブログ
四角い線の見出し

  • 萩原優治の 「やっぱり地球は円かった」
  • 恩田夏絵の「グローバルスクール日記です」
  • 篠原あきらの「船旅手帖」
  • GETスタッフの 「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」
  • 石丸健作の「地球で遊ぶ、地球で学ぶ」
  • 伊藤千尋の 「世界は元気だ」
  • 美幸の「世界と海の上の日記」
  • 和志の 「世界一周旅だより」2
  • りょうの 「世界一周見聞録」
  • みっとしの 「地球散歩」
  • カメちゃんの 「地球通信」
  • ハナの「地球一周準備日記」
  • ちかの 「徒然、30才の地球一周たび日記」

最新記事四角い線の見出し


アーカイブ四角い線の見出し


最新コメント四角い線の見出し


2010年02月16日

「旅と平和」エッセイ大賞 3

 今日、新宿の居酒屋でいっしょに飲んだ中に、なんと第2回エッセイ大賞の次点の受賞者がいました。去年の第63回クルーズに乗った三木達也君(25歳)。初めての海外旅行であるカンボジアに行った経験を書いたのです。大賞なら世界1周が無料だけど、次点でも半分が無料になったのです。つまり約60万円分をゲットしたわけだね。

彼は会社員をやめて船に乗ったのだけど、船を下りて1週間後、トークなどのイベント開催で名高い新宿のロフトに就職していました。なぜ、そんなにスイスイと新しい働き口が見つかったかというと、乗船中に知り合った人から声をかけられたというから驚きじゃないか。船に乗る前の仕事は「ずっと働く場所ではない」と思っていたからやめたのでした、今の仕事はイベントを企画・制作するもので、とってもやりがいを感じている様子が表情からありありだった。しかも、仕事として企画しているプロジェクトに、桃井和馬や田中優といったピースボートの水先案内人を起用しているのです。ピースボートの効用を最大に利用している・・・と思ったら、それだけではなかった。なんと、彼女も、ピースボート乗船中に見つけていた!その彼女である「まっつ」さんが途中から加わり、おおいに盛り上がりました。おいおい三木くん、キミは高田馬場に足を向けて寝られないぞよ。さらに、その居酒屋で飲み物を運んできたのが、同じクルーズの乗船者である「はじめちゃん」。彼は、仕事をなくしたあと、同じ乗船者の「かもしー」さんの勧誘でこの居酒屋で職を見つけたというのです。うーむ、ピースボートってすごい効果があるのだなあ・・・。

飲み終えて勘定を頼んだら、なんと2割引になっていました。「はじめちゃん」ありがとう!ピースボートの効果は具体的かつ実用的だということが、よくわかった。で、何の飲み会だったかというと・・・むふふ、これが実はメチャ面白い計画なのだよ (その内容は・・・次次次号で明らかになるでしょう)

ページ上部へ戻る

2010年02月13日

「旅と平和」エッセイ大賞 2

どんな作品が大賞に選ばれるのか、という質問をメエさんからいただいちゃいました。

メエさんも応募しようとしたけれど、「取り立ててコレといった経験」がないので書けなかったようです。「想いだけじゃ難しいんでしょうか?」とメエさんは問います。いや、メエさん、僕はその「想い」を聴きたいんだよ。

前に、おばあちゃんを温泉旅行に連れ出した体験を書いた女性がいました。大賞ではないけど、次点に選びました。同じとき、平和活動や海外での経験を語った人もたくさんいたけれど、僕は彼女の話に惹かれました。おばあちゃんを温泉に連れ出したって・・・ほかの応募者の海外経験に比べたら、取り立てていうほどの経験じゃない。でも、僕がそこに見たのは彼女の行動力です。何かしたいと想って、それを実行する力です。

 平和を語るとき、なにも国家や世界の話をする必要はない。僕は一人一人の人間が穏やかに暮らせる社会が平和な社会だと思っています。世界の平和を考える国連事務総長も、おばあちゃんのことを考える彼女も、同等の地平に立っています。

 では、なぜ彼女の作品は次点止まりで大賞にならなかったのでしょうか? そのときに大賞に選んだのは、広島に行き被爆者と会って涙を流したことから改めて原爆を調べ直した女性でした。自分の「涙の理由」を考え、世界を愛するために世界を知りたいという明確な目的を持って自らを行動に駆り立てた方です。自ら足を運んで現場に行き、そこで感動した、あるいは考えたことから新たな一歩に踏み出すという行為を具体的に行った人です。

 僕は、次点の方には、ぜひ自分で金を稼いで、ピースボートにも乗って欲しいと思いました。でも、大賞の方には、ピースボート側から金を出してでも、今すぐ乗って欲しいと思いました。一人の人間から世界が見えます。そこを明確に意識し、踏み出す意欲を持ち、実行に踏移すかどうか、ですね。

 僕がどんな人を大賞に選ぶのか。もう一度整理してみましょう。第一に大切なのは、この人をぜひとも船に乗せて世界一周させたい、と僕が思うかどうか、ってことです。何も作品の文章や経験だけがすばらしいから選んでいるのではありません。つまり作品の「出来」は、まあ、どうでもいいのです。だって芥川賞の文学作品を選んでいるわけではありませんから。それよりも、この人がピースボートに乗って世界を見て周り世界の人と交流したら、その人自身の人生に大きく役立つし、さらによりよい社会を築くことにつながっていくだろうなあ、と思わせるような人を乗せたいのです。作品の中に浮かぶ、その人の情熱と実行力を見ているのです。情熱といいましたが、自分が何か新しい経験をしたい、というだけなら、自分でアルバイトして金を貯めてピースボートに乗ればいい。そんなアルバイトに注ぐような時間がもったいない、あなたはぜひ、船に今すぐ乗ってほしいと僕を思わせるような内容を期待しているのです。

 第二に大切なのは、100万円もする世界1周のプレゼントに値するかどうか、ってことです。ピースボートに乗る多くの若者たちは、ポスター貼りのボランティアをしたり、1年以上かけて居酒屋で深夜まで働いたりして乗船の費用を自分で稼いでいます。この賞は、いわば、薄っぺらい紙に2、3枚ほど文を書くだけでそれをゲットしようという「虫のいい話」です。だったら、ほかのみなさんの1年の労働、努力に見合うほどのものでないと、選ばれるわけがないじゃないですか。 文の中に必死の思いが見えるかどうかです。甘さが見えたら、どんなにすごい経験をしてる人でも、すぐに「ダメ」って思っちゃいます。甘さは、文章から透けて見えますよ。
 
 メエさん、人間、だれしも生きて来た以上、さまざまな経験をしています。自分の人生をもういちど振り返ってみてください。「取り立ててコレといった経験」があったかもしれない。 なければ、これからやればいい。

期待しています!

ページ上部へ戻る

2010年02月04日

「旅と平和」エッセイ大賞

知ってる?

不況で景気のよくない話ばかり多いけれど、ピースボートには太っ腹な企画があるのだよ。「旅と平和」エッセイ大賞の募集が、それ。旅と平和について自分の体験や考えを書いて応募すればいい。「大賞」に選ばれたら、なんと世界1周の船旅がプレゼントされるのだ!短いエッセイを書くだけで100万円もする世界1周が手に入るとは・・・今どき驚きじゃないか。

で、応募された作品からだれが大賞を選ぶかというと、選考委員長はルポライターの鎌田慧さん。
そして小生は選考委員なのだよ。

先日、昨年度の募集の「大賞」授賞式が東京のピースボート本部で行われた。受賞したのは、19歳の短大生、大山みちるさん。テーマは 『あの日の「ありがとう」』だ。

彼女は小学生時代に広島の原爆資料館を訪れたとき、「アメリカが悪い」と思った。でも、身近なアメリカ人は良い人だ。そのギャップを探ろうと、高校生のときアメリカに留学した。パールハーバー攻撃についてどう思うかを正直に書いて学校側から問題視され、韓国系のホストファミリーからも朝鮮半島で日本が行った非道を指摘された。ここまでは、留学した日本人がよく経験することだ。

しかし、そのとき大山さんは「何も知らない」自分に気付いた。それからは韓国語も学び、歴史の真実を知る努力をした。辛い思いをし、それに正面から立ち向かったのだ。私は、その点を評価して大賞に選んだ。選考委員長の鎌田さんも同じ意見だった。

知らないと気づいたときに、正面から立ち向かうことで人は成長する。こんなとき、多くの人は安易な道を選びがちだ。「原爆を落としたくせに、なんだ」と開き直り、国粋主義者になる日本人がいかに多いことか。教科書問題で戦前の日本をたたえる教科書を作ろうとした人の中心には、そのようなアメリカ留学組がいた。南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離政策)の撤廃に尽くしたネルソン・マンデラは、知性を「政治家の言葉をうのみにせず、知的好奇心をもって自ら真実に迫ることだ」と定義した。大山さんは、まさしくその道を歩んでいる。

授賞式に出た大山さんは女子短大生だった。大手航空会社の客室乗務員に合格したが、それを辞退してさっそく次の世界1周の船に乗るという。周囲からは「就職をけるなんて、もったいない」と止められたが、こちらの方が自分の人生のためになるという選択をしたという。うーむ、いいじゃないか。

今年度のエッセイ大賞の募集も始まった。ぜひ、みなさんも応募してほしい。この賞も回を重ねて、今回で6回目になる。回を増すごとに実力のある応募者が着実に増えている。大賞の受賞は難関だが、なにせご褒美は世界1周。努力に値するだろう。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |