PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

伊藤千尋の「世界は元気だ」

プロフィール 四角い線の見出し

画像

名前:伊藤千尋
出身地:山口県下関市
趣味:旅、フルート、合唱、詩吟、ワイン、読書、映画、登山
特技:合気道、スペイン語、ルーマニア語、ロマ語、速読、速筆、講演
一言:ピースボートと関わって20年。ここ10年以上は毎年水先案内人として乗船してきました


ピースボートステーション
パーソナル・ブログ
四角い線の見出し

  • 萩原優治の 「やっぱり地球は円かった」
  • 恩田夏絵の「グローバルスクール日記です」
  • 篠原あきらの「船旅手帖」
  • GETスタッフの 「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」
  • 石丸健作の「地球で遊ぶ、地球で学ぶ」
  • 伊藤千尋の 「世界は元気だ」
  • 美幸の「世界と海の上の日記」
  • 和志の 「世界一周旅だより」2
  • りょうの 「世界一周見聞録」
  • みっとしの 「地球散歩」
  • カメちゃんの 「地球通信」
  • ハナの「地球一周準備日記」
  • ちかの 「徒然、30才の地球一周たび日記」

最新記事四角い線の見出し


アーカイブ四角い線の見出し


最新コメント四角い線の見出し


2010年03月27日

地球大学の合宿で話したよ

 第69回クルーズで地球大学に参加する乗船者たちのために埼玉県の小川町で合宿が行われたのだけど、そこに行って1時間半、話したのだよ。

この小川町という町は、実は大変なところだって、知ってる? 

古くからの会員制の映画会があり、会員数は日本一なのだよ。ぼくも4年前に行って、ナチス時代に反戦運動をして処刑された少女を描いた映画「白バラの祈り」について話しました。そのときの講演の内容は『活憲の時代』という本に収録されてる。

さて、会場は町というより山に近い古民家だったのだ。いいなあ・・・古い農家!それをセミナーハウスに改造してあるのだよ。

近くで畑を耕しているのは、かつてピースボートのスタッフだった(今もかな?)佐藤太君。僕は彼を「ふとしくん」と呼んでます。農作業で日焼けした柔和な顔の彼からは想像できないかもしれないけど、彼はかつて内戦時代の中南米にボランティアで行き、人権NGOスタッフとして「付き添い運動」をやった珍しい日本人なのです。虐げられたグアテマラの先住民がデモをするときに、そばでいっしょに歩くのです。先住民だけでデモをすると、軍が彼らを殺してしまう。でも、外国人がいっしょにいれば、そんなことはできない。彼は命をはって先住民の命を守る役目を果たしてたのです。

その彼が今はこの小川町で有機農業を始めて数年になるのだよ。お米、野菜など作ってる。ぼくが訪れたときは神奈川県から高校生の男女が3人、研修に来てました。ビデオジャーナリストを目指す女の子もおり、なかなか力強いものを感じました。

で、肝心の地球大学です。

20人くらいの20代前後の若者がいました。3分の2くらいが女の子だった。あらかじめ考えていたのは「クルーズで何を見て、どう伝えるか」というジャーナリズムの手引きのようなことです。でも、話す前に彼らといっしょに豚汁を食べているうちに、別のことを話そうと思って急遽、話題を転換したのだよ。そこで彼らからさかんに聞かれたのが「なぜジャーナリストを目指したのか」ということだった。話したのは、僕はそこを話すことにしたのです。

僕が彼らの年頃に何をしたか・・・。大学3年のときにキューバに行きました。日本の常識はなにかおかしいと思い、日本とはまったく違う世界を見ようと思ったのです。そうしたら日本が見えてくると思った。そこで選んだのが政治も経済も文化も違うキューバだった。キューバの田舎のサトウキビ畑でキューバ人といっしょに半年間、サトウキビを刈る国際ボランティアをしたのです。だって、観光で短期間行っても、そこを理解することはできないし、働かないと実情はわからないものね。

次が大学4年の「ジプシー」調査探検旅行だった。4年になって朝日新聞の就職試験を受けて、「おめでとう」という内定の電話をもらったとたんに嫌になった。そんなことってあるだろう。夢って、かなったとたんに、もういいやって思うものだ。

そのとき考えたのは、自由な学生時代にもっとあちこち旅をしたいということだった。当時、サンケイ新聞がサンケイ・アドベンチャープランという冒険計画を募集していた。世界のどこでも探検・冒険のような旅をする企画を募集し、当選のものには1000万円だすという。1973年の1000万円って、今の3000万円くらいの価値があった。で、これに応募することにしたのだよ。テーマは何か。それは、僕自身がそのとき思ったことだ。自分はなぜ就職が決まったのに旅に出たいと思うのだろうか?思えば日本人は、いや人間は旅が好きだ・・・「人はなぜ旅をするのだろうか」。それをそのままテーマにした。で、具体的に対象にしたのが東欧に多い「ジプシー」と呼ばれた流浪の民族ロマなのだよ。彼らは一生、幌馬車でおちこち巡りながら旅で暮らす。ならば彼らの生態を文化人類学的に探検調査すれば人間と旅の関わりが見えてくるのではないかと思った。そんな内容の企画書をつくり応募したら、通っちゃった!

でも、その知らせがサンケイ新聞から来たのが、朝日新聞に入社する1週間前だった。僕は1週間後に入社式に出て、すぐに新潟支局に配属されることになってた。もう新入社員合宿も終わって、あとは入社するだけだったのだ。どうするか、このまま朝日新聞に就職するか、それとも「ジプシー探検」に行くか、とっても悩んだ。自分の人生であの1週間ほど悩んだことはない。

その結果、決めた。「ジプシー旅行に行こう」と。

決め手は「ロマン」だった。このまま就職してしまえば、自分は一生、安定とか地位とか名誉などを選ぶのではないかと思った。それが嫌だった。人生に役に立たなくてもいい。カネが入らなくてもいい。面白そうな、やってみたいワクワクするようなことが目の前にあれば、そっちに進む人生を歩みたい。そう思った。そこで朝日新聞に行き、やめさせていただきます、と言った。朝日新聞に今いるのは、翌年の試験をもう一度受け直して合格したからだ。2年連続してとってくれた。まあ、ほかの会社なら、こんなことはしてくれなかったろう。

というような話や、特派員として戦場で会った少年兵の話などしているうちに時間がたち・・・あ、この文章もかなり長くなっちゃったなあ・・。続きは次号で。
コメント

 千尋さんへ
この間は、白石市の宮城県母親大会にお越しいただいてどうもありがとうございました。
講演とても感動しました。やさしい語り口で、物事を深く教えていただいてとても為になりました。
 これからの宮城は、がんばりますよ。実家は、福島県なので、胸が痛いです。母親としても、一人の小さな人間としてもみんなが幸せになる方向へ行きたいと思います。
 小さくても頑張ります。
お体に気をつけて、お仕事あまりお疲れになりませんように。

投稿者:じゅん |2011年09月29日

>決め手は「ロマン」だった。

流石です!

これからの若者がこのような事を望める世界に、共にしていきましょう。

投稿者:勇 |2010年04月07日

千尋さん
先日は畑におこしくださり、本当にありがとうございました。私がNGOの最前線にいた頃に千尋さんからいただいたご支援や励ましを忘れたことはありません。そしてその私が、NGO活動の延長としてと言うのか、同じ方向を目指して実践している今の生活を千尋さんに見ていただくことは長年の夢でした。ですので、それがかなって心からうれしく思います。

地球大学合宿でのお話も聞かせていただくことができ、久し振りにたくさんの元気をもらいました。私の所に来ていた高校生たちにとっても、良い刺激と励ましになったのではないかと思います。

自給とコミュニティ作りを目指す私の生活はまだまだ理想とはほど遠く、人に語れるようなものではありません。でも、私の畑と小さな家が世界を元気にする若者たちの育つひとつの場となるよう、少しずつ耕し、種をまいていきたいと思っています。これからも、ご指導をよろしくお願いします。

69回クルーズでも、多くの人に希望を与え、そしてたくさんのファンを作ってきてください。また畑で語り合えることを心待ちにしています。

投稿者:佐藤太 |2010年04月02日

>「このまま就職してしまえば、自分は一生、安定とか地位とか名誉などを選ぶのではないかと思った。それが嫌だった。人生に役に立たなくてもいい。カネが入らなくてもいい。面白そうな、やってみたいワクワクするようなことが目の前にあれば、そっちに進む人生を歩みたい。」

この言葉、感動しました。私もそんな人生を歩みたい。安定も決して悪いことじゃないけど、きっとそんな日々に自分が一番退屈する、そんな気がします。
この言葉を見て、何だか背中を押された気がしました。
ありがとうございます。

投稿者:レイ |2010年03月31日

ピースボート船上で聞いた千尋さんの台詞が今でも忘れられません。「人はなぜ旅をするのか?当たり前だ。人類100万年の歴史のうち、定住したのはわずか1万年だぞ」。
かなりガーン!ときました。
胸をはって旅していいんだ!と思いました。
地球大学の参加者の方たちも千尋さんのお話にウロコが落ちたことでしょう。続きを楽しみにしています!

投稿者:西岡由香 |2010年03月28日

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されませんので、しばらくお待ちください。

お名前
メールアドレス
URL
コメント

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |