地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

カメちゃんの「地球通信」

プロフィール 四角い線の見出し

画像

名前:カメちゃん
出身地:東京
趣味:旅行、お酒を飲むこと
一言:70回クルーズの様子をお伝えします。世界の写真と、船の上のたくさんの出来事、出会った人たちを紹介します。


ピースボートステーション
パーソナル・ブログ
四角い線の見出し

  • 萩原優治の 「やっぱり地球は円かった」
  • 恩田夏絵の「グローバルスクール日記です」
  • 篠原あきらの「船旅手帖」
  • GETスタッフの 「地球が舞台!グローバルコミュニケーション」
  • 石丸健作の「地球で遊ぶ、地球で学ぶ」
  • 伊藤千尋の 「世界は元気だ」
  • 美幸の「世界と海の上の日記」
  • 和志の 「世界一周旅だより」2
  • りょうの 「世界一周見聞録」
  • みっとしの 「地球散歩」
  • カメちゃんの 「地球通信」
  • ハナの「地球一周準備日記」
  • ちかの 「徒然、30才の地球一周たび日記」

最新記事四角い線の見出し


アーカイブ四角い線の見出し


最新コメント四角い線の見出し


2010年10月15日

グローバルスクール 「ラスト・アクション」

不登校や引きこもりが、日々のニュースでも大きなトピックとなる中、
「不登校だって引きこもりだっていいじゃん!」
「人とチガウことは、当たり前!」…と
70回クルーズから始まったのが、
洋上のフリースクール「グローバルスクール」。※通称「GS」
様々な背景を持って船に乗ったGSのメンバーが、
洋上での活動のまとめとして行った最終発表
「ラスト・アクション」を聴きにいきました。



しゃべり場やアート作品の発表の後、
一人で前に出てスピーチをしたのは、ののちゃんと、わたるくん。
自身の生い立ちや、不登校になるまでの出来事と心の動き、
そして船に乗って、今、感じていることを話してくれました。

思わず耳を疑ってしまうような残酷な過去と深刻な悩み。
生きていることさえ止めたくなってしまうほどに傷ついた気持ち。
ひとつひとつの言葉に、彼らのまっすぐな気持ちが詰まっていて
ずしんずしんと心に響きました。

75日前、
おそらく私が抱えていたそれとは比べ物にならないほどの不安を胸に
彼らの旅も、始まりました。
そして、旅を通して人と出会い、自分と必死に向き合って
彼らは今、未来への希望を少しずつ取り戻しています。

最後に会場に流れたスライドショーの中に登場したGSのみんなの笑顔と
「僕たちは 生きている」のメッセージ。



涙を浮かべながら、彼らの言葉を聞いていた参加者。
発表後を終え緊張の糸が切れたのか、ほっと座り込む友達。
彼らと一緒に地球一周できたことに、感謝。

勇気を出して話をしてくれて、本当にありがとう。

一人一人が踏み出した新しい一歩を、
この先もずっと大切にしてほしいと思いました。

ページ上部へ戻る

2010年10月13日

風のまばたき 写真展

船内で写真展が始まりました。
地球一周で撮りためた自慢の力作が、ずらりと70作品ほど。
エレベーターホールがプチギャラリーのようになって
たくさんの人が足を止めて、写真鑑賞を楽しんでいます。



この写真展はコンテストにもなっているんです。
審査には水先案内人でジャーナリストの森口豁(もりぐち・かつ)さんも参加!
ピースボート賞と、この写真展のタイトルでもある「風のまばたき」賞が選ばれました。

選ばれた3作品が、こちら↓↓↓







すごいですよね~

他にも、すばらしい作品がいっぱい出展されています。
本当は全部紹介したいくらい!

地球をぐるっと一周して
たくさんの人と、海と、動物と、空と、風と…
色とりどりの景色に出会った旅だったなーと、
写真を見ながら改めて思いました。

いろいろな人のユニークな視点も面白くて
写真の楽しさを、再認識できました☆
出品された皆さん、素敵な写真たちをありがとうございました!

ページ上部へ戻る

2010年10月10日

特大!体でめくる絵本

船が晴海を出港してちょうど70日目の今日。「70フェスティバル」というイベントが開催されました。
これは、船内で一人一人が情熱をもって取り組んできたことを発表するお祭り。
テーマは「届けたい想い~全てのピース(PEACE と PIECE)を繋げよう」です。
私は「写真アート」チームに参加しました。
船内の写真好きサン達が集まって
この旅を振り返る写真と詩、絵のスペシャルコラボ絵本を作るというアイデアで、
しかもそのサイズが、特大!
今まで見たこともないくらいの大きな絵本なんです。





2週間くらい前からミーティングや準備を重ね、フェス2日前からは夜中まで作業。
思うように材料が集められず不安になったり、先が見えない時もあって、
正直大変だったけど、でもとっても楽しかった!



展示をすると、大反響で、たくさんの方が読んでくれました。
読みながら涙を流す人がいたり、
「すごく感動しました」「ありがとう」「がんばったね」と、次々に温かい言葉をかけていただたり、
なんか私も ……うるっときちゃいそうになってました。



裏表紙は読んだ人が書いてくれたメッセージでいっぱいになって、
今はますます素敵な絵本になってます。
日本に持って帰りたいくらいなんですが、大きすぎて断念。
んーーー残念っ!!!

ページ上部へ戻る

2010年10月09日

隠れた人気イベント(ほぼ毎日あります)

船内の隠れた人気イベントといえば、こちら!



朝日&夕日でございまーす♪

上の写真は、数日前の夕日。
本当に、”燃えるような”という言葉がぴったりなほどの、真っ赤な夕日でした。


他には



こんな日や



こんな日や


Photo / Miwa Kanamaru

こんな日も。


Photo / Miwa Kanamaru

朝日のほうも、こんなに幻想的です。


Photo / Tomo Ogawa

毎日の新聞に日の出と日の入りの時間が書かれているので、
時間になると夕日&朝日ファンの方たちが、
こうしてのんびり海を眺めています。



ちなみにこれは、月が綺麗だった夜。
海に反射した月の光と、たくさんの浮かんだ雲が、見惚れるような美しさでした。



地球ってホント、きれいですね!!!

_______________________

☆GOTA様
こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
ああ・・・
GOTAさんも、一緒に聴けたらよかったですね--!!!


☆MIKA様
こんにちは!
コメントありがとうございます。
はい・・・とっても贅沢な時間でした♪
船内でも気軽に一緒に飲んでくれるリッキーさんは
皆さんから大人気でしたよ!


☆ゲンヤ様
こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
私も毎日、リッキーさんの曲聞いて、浸ってます(笑)
リッキーさん最高ですよね!!
これからもブログ更新していきますので、よろしくおねがいいたします☆


☆らら様
こんにちは!
コメントありがとうございました。
ショートクルーズも楽しそうですね!
これからも更新していきますので
よろしくお願いいたします☆

ページ上部へ戻る

2010年10月08日

体調改善クラス

洋上カルチャースクールの、ピラティスが始まりました!
先生は、ハバナから乗船されている水先案内人、原田枝里さん。



いつもニコニコ朗らかで、とーーっても素敵な女性です。
年齢でクラス分けしているということで、50歳以下のクラス、「イルカグループ」に参加してきました。
(ちなみに50代以上のクラスは、「くじらグループ」です。)

内容は主に、ストレッチ。
でも今まで経験したストレッチよりももう少し・・・未来系(?)
今、ここの筋が伸びてるなーとか、ここの筋肉に効いてる感じがするぞ、とか
一つ一つの動きの意味を理解しながら動ける感じです。
始まって少しすると、自分の体がぽかぽかあったかくなって、血の巡りがよくなって、
伸びなかったところが伸びるようになったり
体が変わっていくのを感じられるので、すごく楽しい!!
お部屋が満員になるほどの人気のクラスなのも、なるほど、頷けます☆



最後には
「嫌なこと、ぜーーんぶ吐き出しますよ~♪」という枝里先生の声にあわせて大きく息を吐き、
そして
「今度は好きなこと、うれしいこと、夢をいーーっぱい吸い込みますよ~♪♪」
といわれて、大きく息を吸い込み、クラス終了。

はぁー 今日もリフレッシュ!!!!
枝里先生、ありがとうございましたっ☆

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |