PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

インフォメーション 矢印アイコン01第105回クルーズ information 見出し 青ボーダー(大)

  • 2019.11.20

    旅のお知らせ  【105回クルーズ】写真家の義井豊さんが乗船します

    画像

    古代アンデス文明の遺跡発掘に携わるペルー在住の写真家、義井豊さんが乗船します。 マチュピチュ遺跡やナスカの地上絵など、約5000年間・南北4000キロに及ぶ広大な地域で繁栄した、多種多様な文化の連なりである「アンデス文明」の魅力を存分に語っていただきます。また、義井さんが代表を務めるペルーの働く子どもたちを支援するNGO「Cussi Punku(クシ・プンク)」の活動を通して、観光だけではないペルーをお話いただく予定です。

    ◆義井豊さん
    写真家

    1972年にヨーロッパからインドを旅し、その後アメリカ大陸放浪の後、1982年にリマに移住。古代アンデス文明に傾倒。 「シカン文化学術調査団」メンバーとして、発掘現場での記録撮影を25年以上に渡り続けてきた。 1994年よりアンデス文明を日本全国に紹介する考古学展覧会を6回コーディネーションし、シカン、インカ、ナスカ、モチェなど様々な考古遺物の展示を実現。2019年9月から始まった中国での古代アンデス文明展も手がけてている。 ペルーの働く子どもたちを支援するNGO「Cussi Punku(クシ・プンク)」代表。著書に「世界遺産アンデス・インカをゆく」(電子版)、「インカ遺巡礼」(TBSサービス)など。

  • 2019.11.20

    旅のお知らせ  【105回クルーズ】国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さんが乗船します

    画像

    「ピースボート子どもの家」のアドバイザーであり、国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さんにご乗船いただきます。「手の平和利用」や「五感と民主主義」などのテ―マで、船内企画を行っていただく予定です。

    ◆深津高子さん
    洋上保育園「ピースボート子どもの家」アドバイザー 、国際モンテッソーリ協会公認教師、一般社団法人「AMI友の会NIPPON」副代表

    1980年代、陸路やメコン河を越えてタイ国に流入してくるインドシナ難民への緊急救援に関わる。「なぜ難民がでるのか」「どうすれば戦争がなくなるのか」と自問中、難民キャンプ内のある保育所で「平和は子どもから始まる」という答えに出会う。帰国後、幼児教育の勉強を経てモンテッソーリ幼稚園に勤務。現在はフリーの保育アドバイザーとしてモンテッソーリ教師養成コース・講演会の通訳、モンテッソーリ著書の翻訳、カフェでの子育てトーク「モンテッソーリ@ホーム」などを通して「子どもから始まる平和」を広めている。

  • 2019.02.05

    旅のお知らせ  【105回クルーズ】「ピースボート子どもの家」プログラム開催!!

    画像

    第105回ピースボート「地球一周の船旅」で、洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」が開園します!!

    先入観も差別の心もない子ども時代に世界と出会い、大人も一緒に「わぁっ!!」と感動できる体験を重ねること。それは子どもたちへの何よりのプレゼントに、そして平和作りとなるはずです。

    →第105回クルーズ「ピースボート子どもの家」プログラムの詳細はコチラ
    →「ピースボート子どもの家」公式ページはコチラ

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |