PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

寄港地のご案内 矢印アイコン01第109回クルーズ cruise 見出し 青ボーダー(大)

第109回クルーズ 2021年12月出発 オセアニア・南米大陸ワールドクルーズ

真冬の日本を出航し、太陽の煌めく南半球へ。太平洋をぐるっと航海しながら、オセアニアと南米の国々を旅する、ピースボートクルーズ史上全く新しいクルーズが出航します。

基隆~セブ島

色彩あふれるアジアの街へ

基隆~セブ島

  1. 基隆(台湾)
  2. セブ島(フィリピン)
  • 基隆(台湾)

    基隆(台湾)

    活気あふれる台湾で楽しみたいのは、ローカルグルメとノスタルジックな街並み。もちろん夜市めぐりも外せません!観光地の「九份」では、映画の世界に迷い込んだような幻想的な光景が楽しめます。

  • セブ島(フィリピン)

    セブ島(フィリピン)

    大航海時代にマゼランが上陸し植民地となったセブ島は、透明度の高い美しい海が魅力のリゾート。煌めくビーチを散策したり、庶民的な市場をのぞいたり、ゆったりとした楽園の雰囲気を楽しめます。

ページ上部へ戻る

ダーウィン~パペーテ

大自然からの贈り物を、全身で感じる

ダーウィン~パペーテ

  1. ダーウィン(オーストラリア)
  2. ケアンズ(オーストラリア)
  3. シドニー(オーストラリア)
  4. タスマニア島(オーストラリア)
  5. クライストチャーチ[リトルトン]
    (ニュージーランド)
  6. パペーテ(タヒチ)
  • ダーウィン(オーストラリア)

    ダーウィン(オーストラリア)

    「トップエンド」と呼ばれるオーストラリア最北端の美しい港町。近郊にはいくつもの国立公園が広がり、人口の4分の1をアボリジニの人が占める市内には、その独自の文化を今に伝える博物館もあります。

  • ケアンズ(オーストラリア)

    ケアンズ(オーストラリア)

    宇宙からも肉眼で見ることのできる唯一の世界遺産であり、世界最大の珊瑚礁帯であるグレートバリアリーフへの玄関口、ケアンズ。郊外には太古の姿をとどめる熱帯雨林が広がります。

  • シドニー(オーストラリア)

    シドニー(オーストラリア)

    オーストラリア随一の港町、シドニーはモダン建築と、緑あふれる街並みが調和した、柔らかな景色が広がります。世界遺産にも登録された街のシンボル「オペラハウス」では、毎日のようにオペラやコンサートの開催も。

  • タスマニア島(オーストラリア)

    タスマニア島(オーストラリア)

    オーストラリア本土からさらに南に位置するハート型の島。深い緑が滴る谷間と、点在する静かな集落、美しい稜線が続く山並みや、手つかずの輝く海岸線――この土地だけの豊かな景観をお楽しみください。

  • クライストチャーチ[リトルトン]
    (ニュージーランド)

    クライストチャーチ[リトルトン](ニュージーランド)

    イギリス文化が根付く洗練された街並みにクラシックなトラムが走る都市。美しいステンドグラスとミニマムなデザインが特徴的な「紙の教会」は、2011年の震災からの復興のシンボルとなっています。

  • パペーテ(タヒチ)

    パペーテ(タヒチ)

    色鮮やかな魚たちが泳ぎまわる南洋の楽園タヒチは、画家のポール・ゴーギャンが愛した島としても知られています。先住民族マオヒと交流すれば、タヒチの今が見えてきます。

ページ上部へ戻る

ウシュアイア~ポート・オブ・スペイン

街が刻むリズムに、心躍らせて

ウシュアイア~ポート・オブ・スペイン

  1. ウシュアイア(アルゼンチン)
  2. ブエノスアイレス(アルゼンチン)
  3. モンテビデオ(ウルグアイ)
  4. リオデジャネイロ(ブラジル)
  5. サルヴァドール(ブラジル)
  6. ベレン(ブラジル)
  7. ポート・オブ・スペイン
    (トリニダード・トバゴ)
  • ウシュアイア(アルゼンチン)

    ウシュアイア(アルゼンチン)

    南米の最南端であり、世界最南端の街でもあるウシュアイアの魅力は、氷河のつくり出した雄大なパタゴニアの風景です。氷河を眺めながら山々の裾野を歩けば、地球の歴史にふれられるはず。

  • ブエノスアイレス(アルゼンチン)

    ブエノスアイレス(アルゼンチン)

    「移民の苦悩からうまれた」といわれるタンゴの音色が街を満たし、華やかさの中にもどこか哀愁漂う街。スペイン語で「buenos aires(良い空気、風)」の意味をもつこの街にはいつも爽やかな風が吹いています。

  • モンテビデオ(ウルグアイ)

    モンテビデオ(ウルグアイ)

    旧市街の歴史散策に、美しいビーチ。ウルグアイの首都モンテビデオはそのどちらも楽しむことができる観光都市。国民一人あたりの牛肉消費量世界一を誇るこの街で、本場のアサード(ステーキ)を味わいましょう!

  • リオデジャネイロ(ブラジル)

    リオデジャネイロ(ブラジル)

    <カーニバル開催期間中!>
    コルコバードの丘に立つキリスト像が迎える港町は、世界三大美港にも数えられます。ファベーラ(スラム)の子どもたちや日系移民との交流は、かけがえのない経験になることでしょう。

  • サルヴァドール(ブラジル)

    サルヴァドール(ブラジル)

    かつてヨーロッパやアフリカから持ち込まれた文化が独自の発展を遂げ、アフロブラジルという新しい潮流を生み出した「文化の首都」。世界遺産の旧市街や美しいビーチを散策するのも楽しみです。

  • ベレン(ブラジル)

    ベレン(ブラジル)

    ブラジル北部に位置するベレンは、南米大陸を横断する大河、アマゾン川の河口の街。1616年にポルトガル人が要塞を築いたことから、街が造られたと言われ、現在ではブラジル北部第一の都市です。

  • ポート・オブ・スペイン
    (トリニダード・トバゴ)

    ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)

    さまざまな国の影響を受け、多様性のある文化が発展したカリブ海最南端の国トリニダード・トバゴの首都。この国で生まれた楽器スティールパンの独特な音色が、街を鮮やかに彩ります。

ページ上部へ戻る

カルタヘナ~ホノルル

遥かなる海を越えて

カルタヘナ~ホノルル

  1. カルタヘナ(コロンビア)
  2. クリストバル(パナマ)
  3. マンサニージョ(メキシコ)
  4. ヒロ(ハワイ)
  5. ホノルル(ハワイ)
  • カルタヘナ(コロンビア)

    カルタヘナ(コロンビア)

    大航海時代の一大拠点であったコロンビア北部の都市カルタヘナ。街を守るための要塞とコロニアルな建物の集まる旧市街は世界遺産にも登録され、かつての繁栄を今に伝えています。

  • クリストバル(パナマ)

    クリストバル(パナマ)

    太平洋とカリブ海をつなぐパナマ運河のカリブ海側入り口のクリストバルでは、固有の動植物が暮らす豊かな熱帯雨林をめぐるハイキングツアーやボート遊覧、先住民族の文化をたずねるツアーも人気です。

  • マンサニージョ(メキシコ)

    マンサニージョ(メキシコ)

    美しい海岸風景から「太平洋のエメラルド」と呼ばれるマンサニージョは、多くのクルーズ客船が訪れるメキシコ屈指のリゾート地です。メキシコ料理もぜひご堪能ください。

  • ヒロ(ハワイ)

    ヒロ(ハワイ)

    ハワイ島の玄関口ヒロは、古き良き時代の姿を残す街並みの中に現代的なギャラリー点在するなど、さまざまな表情を見せてくれる街。ロコモコやハンバーガーなど、ハワイのローカルフードも楽しみ!

  • ホノルル(ハワイ)

    ホノルル(ハワイ)

    透明な海と緑美しい山々の景観にふれれば先住民族の人びとがここを「護られた入江(ホノルル)」と呼んだことも頷けます。世界屈指のリゾート地・ワイキキビーチや、ポリネシア文化体験も見逃せません。

PHOTO:PEACEBOAT, Kajiura Takashi, Mizumoto Shunya, Nakamura Mitsutoshi, Nakasuji Kota, AdobeStock, GettyImages, shutterstock.com, Fotolia/alexmillos, wayne_0216

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |