PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

インフォメーション 矢印アイコン01第98回クルーズ information 見出し 青ボーダー(大)

  • 2018.05.02

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】医師・作家の海堂尊さんの乗船が決定!

    画像

    『チーム・バチスタの栄光』の著者、海堂尊さんが水先案内人としてピースボートクルーズに初めてご乗船されます!

    シリーズ累計1千万部を突破した同作は、2006年に第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。その後映画化・ドラマ化をされ大ヒット作となりました。
    現在は著作『ブラックペアン』を原作とした「ブラックペアン1988」がドラマ放映中。医師、作家として幅広く活躍する海堂さんの講座をご期待ください!

    ◆海堂尊さん
    医師、作家

    1961年千葉県生まれ。1988年千葉大学医学部卒業、1993年千葉大学医学部大学院修了。外科医、病理医を経て、現在は放射線医学総合研究所研究協力員を務める。医師として、死因究明問題にコミットしAi(オートプシー・イメージング=死亡時画像診断)の概念を提唱、社会導入を進める。 作家としてキューバ革命の英雄チェ・ゲバラの生涯を描く「ポーラースター」シリーズを執筆中で、週刊文春で「ポーラースター外伝 フィデル!」連載中。最新作は「玉村警部補の巡礼」(宝島社)。

  • 2018.03.27

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】ジャーナリスト、元共同通信記者の伊高浩昭さんが乗船します

    画像

    ジャーナリストで元共同通信記者の伊高浩昭さんが乗船します。伊高さんは1967年から50年間、ラテンアメリカ(ラ米)やイベリア半島、南部アフリカ、沖縄など、世界各地を取材してきました。日本人記者としてもっとも長くラ米報道に携わり、幅広い分野に精通している伊高さんの講座、ご期待ください。

    ◆伊高浩昭さん
    ジャーナリスト、元共同通信記者

    著書に、「チェ・ゲバラ~旅、キューバ革命、ボリビア」(中央公論新書)、 「ラ米取材帖」(ラティーナ)、「キューバと米国」(近刊)など。訳書に、「ウーゴ・チャベス~ベネズエラ革命の内幕」(岩波書店)、「フィデル・カストロ~みずから語る革命家人生」(岩波書店)など。

  • 2018.03.26

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】執筆家の四角大輔さんが乗船します

    画像

    執筆家として活動する、四角大輔さんの乗船が決まりました。大手レコード会社に計15年間勤め、プロデューサーとして7度のミリオンヒットを記録した四角さん。現在は、ニュージーランドの湖で半自給自足の森の生活を営み、1年のうち数ヶ月間は世界中で移動生活を送っています。フライフィッシング冒険家としての顔も持ち、エコ誌や登山誌、テクノロジー誌などの連載、自身の公式メディアを通して、独自のライフスタイルシフト論とオーガニック思想を発信しています。

    ◆四角大輔さん
    執筆家

    「OSIRO(株)」、「the Organic」共同代表、(株)ヨギー取締役、「ライフスタイルデザイン・キャンプ」の学長を務め、シンガーソングライター尾崎裕哉プロデュースに携わっている。著書に「モバイルボヘミアン」(ライツ社)、「The Journey」(いろは出版)、「自由であり続けるために」(サンクチュアリ出版) など。
    公式メディア4dsk.co

  • 2018.02.22

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さんが乗船します

    画像

    「ピースボート子どもの家」のアドバイザーであり、国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さんにご乗船いただきます。「手の平和利用」や「五感と民主主義」などのテ―マで、船内企画を行っていただく予定です。

    ◆深津高子さん
    国際モンテッソーリ協会公認教師、一般社団法人「AMI友の会NIPPON」副代表

    1980年代、タイ国境地帯のインドシナ難民キャンプで救援活動中、キャンプ内の保育所で『平和は子どもから始まる』というモンテッソーリ教育哲学に出会う。帰国後、幼児教育の勉強を経てモンテッソーリ幼稚園に勤務。現在、フリーの保育アドバイザーや教師養成の通訳として活動。2009年、第66回クルーズから「ピースボート子どもの家」のアドバイザーを務めている。

  • 2017.12.21

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】田村美和子がクルーズディレクターとして乗船します

    画像

    第98回クルーズのクルーズディレクターとして、ピースボートの田村美和子が乗船します。これまで多くのピースボートクルーズにクルーズディレクターとして乗船。趣味はサルサダンス。クルーズ中は洋上サルサ教室を開講し、毎回ご好評をいただいています。第98回クルーズにご参加の皆さま、どうぞよろしくお願いします!

    - - - - - - - - - - - - - - -
    <第98回クルーズにご参加の皆さまへ>

    第98回クルーズは、北欧全5ヶ国・25寄港地をめぐる人気の航路です。注目は、氷河によって創り出された絶景、フィヨルド遊覧です。船旅だからこそ味わえる素晴らしい風景にどうぞご期待ください。
    そして何と言っても、世代や国籍を越えたたくさんの出会いが楽しみ!!出会いと交流の3ヶ月は、ピースボートクルーズならではの特別な体験となるでしょう。現在、多彩な船内企画やイベントも準備中です。ぜひご期待ください!皆さまと、希望あふれる船旅をつくれること、心より楽しみにしております。

ページ上部へ戻る

  • 2017.12.18

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】ジャーナリストの野嶋剛さんが乗船します

    画像

    ジャーナリストの野嶋剛さんにご乗船いただきます。今クルーズが初めての乗船となる野嶋さんは、大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学へ留学し、卒業後には朝日新聞社へ入社し、シンガポール支局長も務めました。その際、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験。フリーになった現在は、中国や台湾、香港、東南アジアの問題を中心に執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾で翻訳・出版されています。船内ではこれまでの経験をもとに、アジアに関する講座を行っていただく予定です。

    ◆野嶋剛さん
    ジャーナリスト

    1968年生まれ、上智大学新聞学科卒。1992年、朝日新聞社に入社。佐賀支局、中国・アモイ大学へ留学の後、2001年からシンガポール支局長を務め、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験。政治部、台北支局長、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。著書に「ふたつの故宮博物院」「ラストバタリオン 蒋介石と日本軍人たち」「台湾とは何か」など多数。
    ジャーナリスト 野嶋剛 公式サイト

  • 2017.12.14

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】朝日新聞の南極・北極記者の中山由美さんが乗船します

    画像

    朝日新聞の南極・北極記者として、パタゴニアやヒマラヤの氷河も取材して地球環境を探る、中山由美さんにご乗船いただきます。女性記者として初めて南極観測隊に同行して越冬した経験を始め、報道初の隕石探査の取材にも成功した中山さん。これまでに南極へ2回、北極へ6回、北極・グリーンランドへは5回訪れている中山さんの講座、ご期待ください!

    ◆中山由美さん
    朝日新聞 南極・北極記者

    2003年~2005年、マイナス60度のドームふじ基地で氷床掘削を取材。2009年~2010年、セールロンダーネ山地地学調査隊と氷上で40日間生活し、報道初の隕石探査の取材に成功。2008年夏、米国チームに同行。2012年夏・2014年冬、日本人研究者の氷河や海氷の観測に同行。2015年春、先住民伝統の犬ぞり猟に同行。2016年1月、ノルウェー北部のスバールバル諸島などを取材。2017年夏、内陸で氷床掘削を取材。

  • 2017.11.08

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】オランダ教育研究者のリヒテルズ直子さんが乗船します

    画像

    オランダの教育研究者や専門家を日本へ招聘して企画を行ったり、日本からの研究視察・研修の企画実施など、日蘭両国の市民レベルの教育、社会交流の架け橋として活躍しているリヒテルズ直子さんにご乗船いただきます。マレーシアへの研究留学や、アフリカ・中南米で15年間暮らした経験を持つリヒテルズ直子さん。船内ではオランダの教育などについてお話いただく予定です。

    ◆リヒテルズ直子さん
    オランダ教育研究者、日本イエナプラン教育協会特別顧問

    下関市生まれ、福岡市育ち。九州大学大学院にて比較教育学(修士課程)と社会学(博士課程)を学ぶ。1996年よりオランダに在住。日本イエナプラン教育協会特別顧問(設立時代表)。 著書・翻訳書に「オランダの教育」(平凡社)、翻訳書「学習する学校」(英治出版)、「明日の学校に向かって」(DVD・グローバル教育情報センター)など多数。

  • 2017.06.09

    旅のお知らせ  【98回クルーズ】「ピースボート子どもの家」プログラム開催!!

    画像

    第98回ピースボート「地球一周の船旅」で、洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」が開園します!!

    先入観も差別の心もない子ども時代に世界と出会い、大人も一緒に「わぁっ!!」と感動できる体験を重ねること。それは子どもたちへの何よりのプレゼントに、そして平和作りとなるはずです。

  • 2016.07.28

    旅のお知らせ  発表!! 第98回「地球一周の船旅」 初夏の北欧&北極圏

    画像

    ピースボート35周年記念クルーズ・第二弾は待望の「地球一周の船旅」です。初夏の北欧&北極圏をめぐります。
    躍動のアジア、地中海を抜け船は北上。デンマーク、フィンランド、スウェーデンなど注目の北欧諸国をめぐります。そして世界最深のソグネフィヨルド、世界遺産ネーロイフィヨルドを遊覧、アイスランドを経て北極圏へ。ケープフェアウェル沖では壮大な氷河遊覧が期待されます。
    ニューヨーク、キューバ、そしてケイマン諸島への寄港も見逃せません。旅のフィナーレはシアトル、そして夏の釧路。35年目のピースボートにふさわしい、新しい旅が始まります。
    →第98回ピースボート「地球一周の船旅」

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |