PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

インフォメーション 矢印アイコン01日本一周クルーズ 2019 information 見出し 青ボーダー(大)

  • 2019.07.26

    旅のお知らせ  【日本一周クルーズ】コメディアンの福島カツシゲさんが乗船します

    画像

    コメディアン、俳優、脚本家、演出家など幅広い分野で活躍する福島カツシゲさんの乗船が決まりました。ピースボートクルーズには1996年より水先案内人としてご乗船いただいているほか、2011年の東日本大震災発災時には、ピースボート災害ボランティアセンターの長期ボランティアとして石巻でともに活動をしてきました。その経験から語られる寄港地「石巻」の数々の魅力をお見逃しなく。

    福島 カツシゲ FUKUSHIMA Katsushige
    コメディアン

    1991年から、さまざまなニュースをコントにする「The NEWSPAPER」に所属。2011 年、第4回WOWOW シナリオ大賞を「エンドロール~伝説の父~」で受賞。お笑いユニット「COLORS」のリーダー。舞台「イシノマキにいた時間」では、東日本大震災における自身のボランティア活動を元に脚本、演出、出演をし、全国30都市で約2万人を動員、現在もロングラン公演が続いている。現在は俳優のみならず、舞台を中心に脚本や演出も手掛けている他、ドラマの脚本や、ナオト・インティライミのコンサート演出など幅広い活動を続けている。

  • 2019.07.17

    旅のお知らせ  【日本一周クルーズ】マジシャンのとまと&Mr.フレイムさんが乗船します

    画像

    今回が初めてのご乗船となる「とまと&Mr.フレイム」。あのMr.マリック氏に認められた凄腕マジシャンのMr.フレイムと明るくキュートな笑顔で観客のハートを掴んで人気急上昇中のマジシャンとまとによるマジックショーがピースボートの船の上で初お披露目です。お楽しみに!

    とまと&Mr.フレイム TOMATO&Mr.Flame
    マジシャン

    参加者として乗船していたピースボートの船内でマジックと出会ったことからマジシャンを志し、現在プロマジシャンとして活動中のとまと。名前のごとく、フレッシュでキュートだが、マジックは本格的。マジックの大会では多数の賞を受賞しているマジシャンとまとと、ミステリアスな雰囲気と独自のマジックで人びとを圧倒し、Mr.マリック氏から唯一認められ正式に"Mr."の称号を得たMr.フレイム。全く違った雰囲気の二人が化学反応を起こし繰り広げられる不思議なマジックの数々で、眠れない夜になること間違いなし!息の合ったコンビが船内を楽しく盛り上げる。

  • 2019.05.28

    旅のお知らせ  【日本一周クルーズ】鈴木隆之がクルーズディレクターとして乗船します

    画像

    2019年夏 日本一周クルーズのクルーズディレクターに、ピースボートの鈴木隆之(すずき・たかゆき)が決まりました。2005年にピースボートクルーズに初乗船し、その後世界一周クルーズ、ショートクルーズに計25度乗船。船旅で国内外117の寄港地を訪問。東日本大震災後には、ピースボートがおこなう災害支援のため1年間石巻市(宮城県)で活動。その後も全国で発生する自然災害の支援活動に携わる。船内では、日本一周クルーズにちなみ、自身の「日本一周自転車の旅」での出会いの紹介企画やサルサダンスレッスンを開催予定。

    --------------------------------------------------------------
    <日本一周クルーズにご参加の皆さまへ>

    ピースボートで30年ぶりの実施となる日本一周クルーズにお申し込みいただきありがとうございます。魅力あふれる港町をめぐるこのクルーズでは、寄港地だけでなく世界遺産・知床半島や軍艦島などを望むシーニッククルーズも旅のハイライトです!そして、世界一周クルーズでは行わないような、このクルーズならではの船内企画も目白押し。
    原爆投下の日に合わせて寄港をする広島、長崎。東日本大震災で被災地となった石巻など、ピースボートが活動を行う、意義深い寄港地にも訪問します。 海から日本を見る――これは実際には多くの人が体験をしているものではありません。そんな貴重な船旅に皆さまとご一緒できることを楽しみにしています。
    ※シーニッククルーズ
    洋上からしか見られないような景色の中を航海すること

  • 2019.05.23

    旅のお知らせ  【日本一周クルーズ】ピアニストの崔善愛さんが乗船します

    画像

    北九州・小倉で育った在日コリアンの崔さん。自らの体験から、身を持って感じた平和の尊さを音楽を通して語ります。またその曲が作られた背景と自らを重ね合わせ、その思いをピアノで表現する崔さんの演奏には耳を傾けずにはいられません。また、今回は、今クルーズで行う「平和の音楽の船旅」プロジェクトで載せる「明子さんの被爆ピアノ」でも演奏していただく予定です。

    ◆崔善愛(チェ・ソンエ)さん
    ピアニスト

    福岡県出身。愛知県立芸術大学大学院修士課程修了後、米国インディアナ州立大学大学院に三年間留学。このとき外国人登録の指紋押捺拒否を理由に「再入国」が不許可となり永住資格をはく奪され、約20年、法務大臣相手に闘った経験を持つ。伊・独などの国際音楽祭に招聘され、近年は『ショパンの手紙』、『ベートーヴェン物語』、『被爆ピアノコンサート』を全国で展開。主な著書『自分の国を問いつづけて』(岩波ブックレット)、『父とショパン』(影書房)、『ショパン~花束の中に隠された大砲』(岩波ジュニア新書)など。現在、明治学院大学・恵泉女学園大学などの非常勤講師。日本ペンクラブ会員平和委員。『週刊金曜日』編集委員。

  • 2019.05.23

    旅のお知らせ  【日本一周クルーズ】平和と音楽の船旅 ~「明子さんの被爆ピアノ」とともに~

    画像

    今夏ピースボートは、8月6日と9日の原爆の日にそれぞれ広島、長崎に寄港する日本一周クルーズにおいて、一般社団法人HOPEプロジェクトとの協力のもとで、「明子さんの被爆ピアノ」と「パルチコフさんの被爆バイオリン」を広島から船に乗せ、各地で演奏会を行います。
    「明子さんの被爆ピアノ」「パルチコフさんの被爆バイオリン」にふれることで、被爆者の記憶を継承し、未来へ平和のメッセージをつなぐために自分に何ができるかを多くの人たちに考えてもらいたいと思います。そして、核兵器のない平和な世界のために行動をとることのできる人を増やしていきたいと考えています。
    このプロジェクトの成功のために、クラウドファンディングを行っています。皆さんのご協力をお願いします。

    →平和と音楽の船旅~「明子さんの被爆ピアノ」とともに~詳細はコチラ
    →クラウドファンディングについての詳細はコチラ

ページ上部へ戻る

  • 2019.05.21

    旅のお知らせ  【日本一周クルーズ】落語家の古今亭菊千代さんが乗船します

    画像

    ピースボートクルーズ初期の段階から約20年に渡り、水先案内人としてご乗船いただいている落語家の古今亭菊千代さん。本来の寄席やホール、各落語会の出演のほか、各地矯正施設での訪問演芸や被災地への支援寄席も積極的に行っています。また平和憲法9条をこよなく愛し、9の紋の羽織、着物を着てメッセージを発信、平成27年旗揚げの「芸人9条の会」の呼びかけ人でもあります。老若男女を虜にする笑いあふれる菊千代ワールドをお楽しみに!

    ◆古今亭菊千代さん
    落語家

    1993年に先輩である三遊亭歌る多師と共に女性初の真打に昇進。古典落語から創作落語、手話落語、韓国語と日本語両方で繰り広げる二次元落語など積極的に新しい分野を開拓し、国境を越えて幅広く人を楽しませている。その温かみのある寄席は、落語が大好きという方から、寄席に行ったことがないという方まで楽しめること間違いなし。著書に「古今亭菊千代噺家です」(日本出版)、子どもから大人まで落語を楽しめる『体験!子ども寄席』(偕成社)全五巻を出版。

    公式ホームページ 「ようこそ、菊千代ページへ。」

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |