PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第100回クルーズレポート

第100回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

持続可能な開発目標-現在と未来編-

ネイディーン・ラヴァウドさん(政策アナリスト・国際コンサルタント、国連開発計画バンコク支部) / ブロードウェイラウンジ

2019年01月08日


2019010801.jpgシンガポールからご乗船のネイディーン・ラヴァウドさんは、国連開発計画(UNDP)バンコク支部で活躍する他、政策アナリスト、国際コンサルタントとして世界各国を舞台に持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」の達成のために幅広く活動を続けています。本日はそんなネイディーンさんの講座「持続可能な開発目標-現在と未来編-」です。「SDGs」を達成するためにどのような取り組みが必要なのか、現在の課題や未来へのアクションなど、具体的な事例とともに学びます。
まずは地球レベルでどのような問題が起きているのか、数字や表など分かりやすい資料を示しながら説明します。10人にひとりの割合で極貧状態の暮らしをしている人がいるということ、2億人が失業中だということ、総人口の20パーセントが識字能力を持たないということなど、さまざまな現状を伝えます。また国連の研究機関によると、2030年までに世界の60パーセントが都市部で生活すると予測されており、気候変動や経済的なしわ寄せは都市部ではない地域や貧困に苦しむ人びとをさらに追い詰める構造になっていると言います。

2019010802.jpg「みんなで何かを変えなければなりません。今こそ大きな変革が必要です。それはここにいる皆さんから始まる小さなアクションの積み重ねがきっかけになります。また気候変動、社会情勢、すべての持続可能な開発目標は互いに連動しているため、関係ない人、影響を受けない人は一人もいません」国連から世界をみつめ、課題と向き合い続けてきたネイディーンさんの言葉は、具体的で分かりやすく、そして心を揺さぶるような力強さがあります。会場からは「地球に生きる生き物として、人間のあり方を見つめ直すべきではないか」という声もあがり、ひとりひとりが行動を変えていくきっかけになる講座となりました。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |