PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

なぜイギリス国民は「EU離脱」に投票したのか?

ヤスナ・バスティッチ(ジャーナリスト、ピースボートスタッフ) / ブロードウェイラウンジ

2019年05月25日


190525_1.jpg「ヨーロッパは美しくてきれいなだけではなく、さまざまな問題を抱えています」そんな言葉で始まったのは、ジャーナリストとしても活躍するピースボートスタッフのヤスナ・バスティッチによる講座。現在28ヶ国が加盟するEU(欧州連合)。イギリスは1973年にEUへ加盟しましたが、2016年に実施されたEU離脱の是非を問う国民投票において離脱賛成派が過半数を占め、EU離脱の方向性が示されました。イギリス内では「主導権を取り戻せ」というスローガンも打ち出され、離脱賛成派、反対派それぞれが活動を活発化させています。経済危機があったわけでも、外から圧力をかけられたわけでもないイギリスが、なぜEU離脱を選択しようとしているのか――イギリスがEU加盟に至った経緯や、EUのもつ役割なども話があり、とても勉強になる内容でした。イギリス国内ではEU離脱による経済的な影響(株式の低下、国際銀行の撤退など)もすでに表れています。「5月25日、26日にEU選挙があるため、ぜひ結果に注目してください」と語ったヤスナ。ひとつの国が選択する未来に、世界中の注目が集まっています。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |