PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ペナン島(マレーシア)寄港

2019年05月02日


190502_1.jpgオーシャンドリーム号はマレーシア、ペナン島に寄港しました。ペナン島はマレー半島の西側、マラッカ海峡に位置する人口70万人ほどの島です。船を降りてすぐの街ジョージタウンはコロニアル様式の建物が点在し、「マラッカ海峡の歴史的都市群」として2008年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。年間平均気温は24~32℃と変化が少なく、1年をとおしてTシャツと半ズボンで過ごせる快適な気候です。寄港した今日は、まさに快晴!短時間の外出でも日差しがじりじりと肌を焼き、汗が背中をつたいます。

190502_2.jpgまずは船から歩いて5分ほどのところにある、ビクトリア様式の建物を訪れます。青空を背景に白亜の外観がとてもきれいに映えるこちらの建物は、今でも市庁舎として使われており、この時間は出勤する方や来庁される多くの人びとが出入りをしていました。

190502_6.jpg街を少し歩くと、マレーシアでも最大のモスクのひとつである「カピタン・クリン・モスク」が見えてきます。伝統的なムガール様式の建物で、ドームには美しいミナレット(モスクに付随する塔)がついています。

190502_3.jpgタイと中国式の入り交じったユニークなつくりの「ワット・チャヤマンカララーム」には、金箔をまとった全長33mの巨大な寝釈迦仏が横たわっており、その豪華な姿には圧倒されます。東西貿易の中継点として発展したペナン島は、西洋、中国、イスラムヒンドゥー文化が融合する独特の雰囲気を持つ街並みが形成され、街中にもさまざまな文化様式を見ることができます。

190502_4.jpgこちらは典型的なプラナカンの家である「ペナン・プラナカン・マンション」です。パステルカラーの建物がとっても可愛いです。

190502_7.jpg他にもジョージタウンのあちこちには素敵なストリートアートを目にすることができます。特に実物と絵がミックスされたアートは、ジョージタウンの雰囲気にとても合っていて、アートであることに気づかずに見過ごしてしまいそうです。この写真、本物の自転車の背景に子どもの絵が描かれていますが、まるで今にも動き出しそう!

190502_5.jpg食べ物でもさまざまな文化を感じることができます。今日食べたのは、マレー料理と中国料理のおいしいところだけをミックスした、辛くてスパイシーなババニョニャ料理です。辛いけれどおいしい!ご飯も進みます。

190502_9.jpgジョージタウンにある、ひときわ大きな「コムタ」という68階建ての高層ビルからは、ジョージタウンの街を360度眺めることができます。

190502_8.jpgオーシャンドリーム号、さらにはその後方にマレー半島も見ることができました!青い空と海、ジョージタウンの街並みがとてもきれいだったペナン島の旅。景色や建物もさることながら、交易都市として栄えた歴史もさまざまな側面から感じることができました。ペナン島を出港したオーシャンドリーム号は次の寄港地エジプト、ポートサイドへと舵を取ります。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |