PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

カタニア(イタリア)寄港

2019年05月23日


190523_1.jpgオーシャンドリーム号はイタリア半島の西南に位置するシチリア島の玄関口、カタニアに入港しました!この日も快晴で、朝は上着が必要ですが太陽が昇るにつれて日差しも強くなり、日中は半袖でも暑いくらいです。

190523_2.jpgまずはバスに乗り約1時間ほどのシチリア島南東部の都市、シラクーサに向かいます。シラクーサには歴史的な遺跡など多くの観光スポットが点在し、2005年には市内及び周辺の歴史的建造物が世界遺産に登録されています。

190523_3.jpgちょうどお昼頃に到着したので、お腹がペコペコ!というわけで、さっそくですがランチといきましょう!イタリアといえば、ピザ!野菜のピザとポテトニョッキ、それからシチリアの有名なコメ料理である「アランチーニ(ライスコロッケ)」を注文。やっぱり本場で食べるイタリア料理は格別です!

190523_6.jpgお腹が満たされたあとは、テメニアの丘にあるシチリア島最大の「ギリシャ劇場」へ向かいます。紀元前3世紀に造られた劇場は直径138m、半円のすり鉢状になっています。当時は1万5000人を収容したとあって、その大きさには驚くばかりです。

190523_4.jpg次に向かったのは「天国の石切り場」です。ここは城壁を作るために切り出された石切り場の跡で、高さ25m、幅5~11m、長さ65mの人工洞窟です。その高さにも驚きますが、奥行きがとても長く、一番奥へ行くと真っ暗で何も見えなくなるほどです。洞窟内は音がよく反響するので、皆さん大きな声を出してその響きを楽しんでいました。

190523_7.jpg行きはバスに乗りましたが、帰りは電車を使ってカタニアへ戻ります。バスも電車も1時間に1本程度しかないので、乗り遅れないよう急ぎます。海外では切符を買うのも一苦労、日本で切符を買うのに苦労している観光客の方の気持ちが分かります。なんとかギリギリ電車へ乗り込めました!ほっと一息し外を見てみると、のどかな田舎町の風景が通り過ぎていきます。

190523_5.jpg車窓には柑橘類の畑が続きます。シチリアでは柑橘類の生産が盛んで、オレンジやレモンの木がたくさん栽培されています。レモンのリキュール、リモンチェッロはシチリアの名産品です。

190523_9.jpg約1時間かけてカタニアに戻ってきました。カタニアはシチリア第2の都市で、経済活動の盛んな街です。カタニアの街にはたくさんの教会や聖堂がありますが、ふと目に留まった教会へ入ると上まで登ることができ、教会の上からカタニアの街を一望できました!シチリア・バロック建築が都会的な雰囲気と混じり合い、情趣ある街並みをつくりだしています。そして後方にはオーシャンドリーム号も望むことができました。

190523_10.jpg最後に向かったのは、街のシンボル「象の泉」の噴水があるドゥオーモ広場です。エトナ山の溶岩でできた象の上にオベリスクが乗っている噴水で、火山と立ち向かうこの街の象徴と言われています。

190523_11.jpg陽が暮れ始めたころ、我が家であるオーシャンドリーム号に帰り着きました。美しく活気あふれる街で、数々の歴史的建造物を眺めた大満足の一日。明日はマルタ共和国のバレッタへ――春のヨーロッパをめぐる旅はまだまだ続きます!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |