PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

香港寄港

2019年04月25日


190425_7.jpgオーシャンドリーム号は、今クルーズ初めての寄港地、香港に寄港しました。晴天に恵まれ、太陽の日差しがじりじりと痛いくらいです。風も湿気を帯び、日本を離れてから5日、「海外に来たんだな」と実感します。たくさんのビルに迎えられ、多くの方がデッキで入港を見守ります。この建物が夜には色鮮やかに輝くのですから、心も踊ります。「香港に来るのは45年ぶりです」と話してくださる方もいました。

190425_2.jpgまずは地下鉄に乗って旺角へ。さまざまなものがまざりあい生み出された、香港独特の「カオス(混沌とした)」な雰囲気を味わえるという街です。駅に着くと、独特な香辛料のにおいが鼻をくすぐります。

街角には、いたるところに屋台や食事どころがあり、観光客はもちろん、地元の方にも大人気。

190425_1.jpgこちら料理名は分からないのですが、蒸籠から漂う湯気と美味しそうなにおいに食欲をそそられます。カタコトの英語と身振り手振りでなんとか注文、とってもおいしくいただきました。食べたことのないものを食べてみる――そのドキドキする瞬間も、旅の醍醐味です。

190425_5.jpg大きく色とりどりの看板が道路まで飛び出していて、道を歩けば肩がぶつかりそうなくらい人がひしめき合っています。これぞ、香港!街には熱気があふれています。

190425_4.jpg「女人街」といわれるマーケットには商品がずらりと並んでいて、人が行き交うぎりぎりの道幅を縫うように進みます。いろんなところからにぎやかな声が聞こえてきます。

190425_6.jpgフルーツマーケットではバナナやマンゴー、ドラゴンフルーツなど、色彩あふれるフルーツが売られていました。特にドリアンの匂いは独特で、この匂いをかぐとアジアに来たんだなと実感します。

190425_8.jpg日が沈み暗くなると街の灯りがひとつ、またひとつと灯り始め、あっという間に香港の街並みが『100万ドルの夜景』に姿を変えました。香港島の最高峰、ビクトリアピークからの夜景は息をのむほどの美しさです!!

190425_9.jpgもちろん、船のデッキからもばっちりと夜景を見ることができました。心地よい潮風に吹かれながら夜景を眺める時間は、何にもかえがたい贅沢なひとときです。 夜景を眺めながら刺激にあふれた一日を振り返り、香港の夜は更けていきます。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |