PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

ひと─参加者紹介

参加者紹介 / 大庭康二さん

北海道から参加、69歳

乗船したきっかけはなんですか?
ピースボートの事は以前からポスターで知っていましたし、小さい頃は世界旅行に憧れはありましたが、自分が行くとは思っていませんでした。2年前に兄が亡くなりまして、ひとりでは参加に不安があるという義姉が誘ってくれたのがきっかけなんです。住んでいる場所が札幌から遠いので説明会には参加せず、パンフレットを取り寄せて一番出航時期が近いクルーズに申し込みました。実は昨年11月に小さなカフェをオープンしたばかりだったので、長期間お店を閉めるのは避けたかったのですが、お互いの足腰がしっかりしている間に行きたいと思いまして、チャンスだったので参加を決めました。

船内ではどのように過ごしていますか?
乗る前から自主企画の存在は知っていましたが、どのように行われるのかなど想像がつかず自由な時間がどの程度もてるかわからなかったので、好きなギターを持参するか迷っていました。でも一人部屋にしましたし、小さな音であったら部屋で弾いてもいいかなと思いギターを持参しました。そのおかげで自主企画で「カフェなごり雪」という、ギター弾き語りの企画をすることができました。社交ダンスにも初めてチャレンジしました。水先案内人の講座も聞きに行きます。仕事でメディアやジャーナリズムに関わることがありましたので、特に森達也さんの講座は興味深かったですし、本もたくさん読んだことのある海堂尊さんの講座は印象に残っています。海堂さんとはたまたま昼食をご一緒することができ、直接お話しできてとてもうれしかったです。

寄港地ではどのように過ごしましたか?
寄港地ではオプショナルツアーに参加しました。いろいろなところを見られて楽しかったです。私はワインが好きなので、各地のワイナリーも見て回りました。現地でワインを買って日本へ直送しましたので、日本へ帰ったらカフェでそのワインを出す予定です。ブリスベンではワイナリーにたまたま日本人の方がいて、日本語で説明を聞けてテイスティングもさせていただけて本当に楽しかったです。一番楽しみにしていたのは、ニューヨークです。40年ほど前に仕事でルーズベルト島へ行っていまして、今回そこへ行くことができました。島へ渡るためのトラムがあるのですが、そのトラムがほとんど当時と変わらない姿で動いているのを見られました。

最後にひとこと
年を重ねてだんだんと活力が落ちてきていたんですが、今回この旅でとても良い刺激をもらえました。もっといろんなことをしても良いんじゃないか、トライしてみないとわからない、そう考え方が変わりました。また、自主企画のように、特技や経験を知ってもらう場を帰ったらカフェでもやってみたいと思っています。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |