PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第102回クルーズレポート

第102回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

We call this home -私が旅をする理由-

ウォルター・チャンさん(写真家、映像ディレクター) / ブロードウェイラウンジ

2019年10月05日

191005_1.jpgこれまで60以上の国と地域を旅した、水先案内人のウォルター・チャンさん。今日は自身の旅の経験を、旅に出るようになった経緯を交えてお話しして下さいました。「旅は自分自身を何か大切なものへと導いてくれるきっかけにすぎない」まっすぐな目で語るチャンさん。彼の言う、“何か大切なもの”という言葉には、彼が旅先で出会った多くの美しい景色だけでなく、さまざまな国で出会った大切な人とのつながりも含まれています。「旅は行き先ではなく、旅をすること自体に価値がある」と話す彼が旅を始めたきっかけは、彼が大学で就職活動をしていた頃に遡ります。

191005_5.jpg当時金融危機の影響で希望していた仕事に就くことを諦めていたチャンさん。好景気を待つまでのつなぎの仕事を続ける中で感じた行き詰まりが、大きなきっかけとなりました。それから「この状況を何か変えたい」と思い見つけたのが、旅をすることでした。しかし、「いい学校に入っていい会社に入ることが良い人生を歩むためのルート」だという世間一般的な考え方が自身の中にもあったため、社会から離れて長期間旅をすることに対して多少の抵抗はあったそうです。チャンさんが語ってくれた、旅に出るきっかけになったエピソード、世間一般の考え方から外れた行動をとる時の抵抗などは、この旅に参加する多くの人たちに通じるものがあるだろうと強く感じました。今まさに旅の途中である私たちにとって、旅の先駆者である彼との出会いは、これから旅で得るものに更なる広がりを与えてくれる気がします。

(文:中島玲娘奈)

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |