PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第102回クルーズレポート

第102回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

サントドミンゴ(ドミニカ共和国)寄港

2019年10月06日

 191006 - 7.jpg朝7時、オーシャンドリーム号はドミニカ共和国の首都であるサントドミンゴに寄港しました!船を降りると民族衣装で着飾った現地の方が、音楽とダンスで出迎えてくれました。カラフルな衣装と陽気なリズム、見ているだけでわくわくしてきます。

191006 - 6.jpgサントドミンゴの街は歴史的に貴重な建物が多く点在する「旧市街」と、近代的で経済の中心地である「新市街」などに分かれています。今回オーシャンドリーム号が停泊した場所は旧市街のすぐ近くでした。

191006 - 11.jpg旧市街はアメリカ大陸でヨーロッパ人が最初に定住した土地であり、スペインの植民地統治時代は侵略拠点となりました。新世界最初の植民地として建設された街であることから、ユネスコの世界文化遺産に「サントドミンゴの植民都市」として認定された、ドミニカ共和国では唯一の世界遺産です。

191006 - 9.jpg趣のある建物が続く中、通りがかったアボガドとバナナの販売カー。フレッシュで美味しそう!

191006 - 4.jpg街では馬車もよく見かけました。馬車に乗ってのんびりと街を周るのも楽しそうですね。

191006 -21.jpgオサマ川の手前、ミラドール・エステ公園と名づけられた広い園内にそびえる白亜の建物は、コロンブス記念灯台。上空から建物を見ると十字架の形をしています。

191006 - 16.jpg寄港日のこの日はちょうど選挙が行われ多くの観光場所が閉まっており、残念ながら中に入ることはできませんでしたが、外からでも十字架のモチーフが見られたりと、その造形の美しさを間近で感じることができました。

191006 - 17.jpg趣のある建物が続く街並みをまだまだ楽しみたいところですが、名残惜しさを残しつつ船に戻ると出港式が始まりました。今日の出港にぴったりの陽気なラテン音楽に合わせて、みんなでダンス!

191006 - 20.jpgお天気に恵まれた出港式の最後は、カリブ海を背に記念撮影を。晴れ渡る空のもと、皆さんの笑顔も満開です。中米を巡る旅を終えたオーシャンドリーム号は、針路を北へ。アメリカ東海岸、ニューヨークを目指します! 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |