PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第102回クルーズレポート

第102回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ケベック(カナダ)寄港

2019年10月18日



191018_12.jpgモントリオール出港から一夜明け、船はケベックに寄港しました!ケベックはインディアンの言葉で「狭い水路」を意味し、セントローレンス川が幅を狭める地点に位置する街。石畳の細い道や石造りの建物が連なる旧市街は「ケベック旧市街の歴史地区」としてユネスコ世界文化遺産にも登録されています。そんなケベックシティ、船から降り立ち街を歩くと絵本の世界に入ったかのような街並みが広がります。

191018_5.jpgかわいい街並みに参加者の方たちも嬉しそう。大きな壁画の前でパチリ!

191018_19.jpg街を歩くとこんな光景にも遭遇。空に浮かぶ傘がひときわ目を引く、なんともフォトジェニックな光景です。

191018_26.jpgケベックといえばメープルシロップ。こちらはメープルシロップの専門店で、さまざまな種類のものが手に入ります。

191018_28.jpgメープルシロップの濃さにもゴールデン、アンバー、ダーク、ベリーダークと4種類あるんだとか。煮詰めてより味を濃くしたものが、深いブラウンになるそう。カナダの一般家庭の食卓でもいろんなものにかける習慣があり、どこの家にもメープルシロップは必需品だそうです。

191018_47.jpgかわいいお店が連なるこちらはプチ・シャンプラン通り。旧市街はロウアータウンとアッパータウンに分かれ、首折り階段と呼ばれる長い階段から通りを一望することができます。紅葉シーズン真っ只中、世界各国から観光客の方が訪れにぎわいを見せていました。

191018_69.jpgそして、お待ちかねのランチタイム!サーモンで有名なケベック。リンゴから造られるアップルサイダーも人気の一品です。日本でサイダーと聞くとジュースを思い浮かべますが、こちらは5~7%ほどのアルコールが含まれます。お味はリンゴの風味が漂う甘いシャンパンのようで、とっても飲みやすいワインです。

191018_89.jpg街歩きを再開し、そのままアッパータウンに上がるとそこは絶景が!私たちのオーシャンドリーム号を紅葉とともに見下ろすことができる、絶好の写真スポットです。

191018_92.jpgだんだんと日が落ちると、対岸の景色が夕焼け色に染まります。その光景はとても美しく、木々の色が鮮やかに照らされていました。帰船後参加者の方とお話しすると、「最高の街だった、また必ず訪れたい!」という声をたくさん耳にしました。美しい街と、そこに根付く文化にふれたモントリオールとケベックの旅。名残惜しさはありますが、船は次の目的地へ。いよいよ旅のハイライトのひとつ、オーロラシーズンのアイスランドへと向けて航海を続けます。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |