PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第102回クルーズレポート

第102回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

レイキャビク(アイスランド)寄港

2019年10月25日


191025_2.jpgオーシャンドリーム号は、アイスランドの首都レイキャビクへ到着しました!南西部のレイキャネス半島の根元、北緯64度8分に位置しており、首都としては世界最北。しかし南方からの暖流のおかげで、冬の寒さも北海道より暖かいと言われています。この日は雲があるもののお天気に恵まれ、船を降りると澄み切った空気に包まれます。

191025_1.jpg冷たい空気を感じながら、ダウンタウンまで歩いて向かいます。足元にうっすら積もっている雪はさらさらしていて、差し込む光を浴びてキラキラと光っています。

191025_21.jpg景色を見ながら海岸沿いを歩くと大きなモニュメントがあります。太陽に向かって漕ぎ出すドリーム・ボート、というコンセプトの彫刻作品「ソルファー」。

191025_24.jpgそのまま進んでいくと「ハルパ」というコンサートホールが目の前に現れます。2011年に街の中心部に建てられたこの巨大なホールは、2013年にEU現代最優秀建築賞を受賞しました。建物内にはカフェや雑貨店もあり、たくさんの観光客が訪れていました。

191025_36.jpg小腹が空いてきたので”宇宙一美味しい”と言われるホットドッグ屋さんに立ち寄ります!ホットドッグはアイスランドのソウルフードと呼ばれ、こちらのお店の名物はフライドオニオンがトッピングされた、ブラウンマスタードが決め手のホットドッグ。

191025_32.jpg「バイヤリンス・メズ・オットルル」というこのお店、常に行列が絶えない人気店でしたが、店員さんの手際が素晴らしく、あっという間に自分の順番になりました。地元の人たちに混じり出来立てをパクリ!とってもおいしかったです。

191025_43.jpg街歩きを再開。色とりどりのかわいい街並みが続きます。

191025_49.jpg西日が差し込み、陽が段々と暮れてきました。街並みと同じくきれいな公園。地元の方が犬を連れて散歩する光景も見られました。

191025_63.jpgそして夕暮れ時に訪れたのは、レイキャビクのランドマークタワー「ハットルグリムス教会」。噴火した火山から流れ出て冷え固まったマグマをイメージして設計されたこの教会。マジックアワーに差し掛かるこの時間、その佇まいがとても素敵です。

191025_74.jpg段々と暗くなり冷え込み始めたところでディナーの時間。「SALKA BALKA」という魚料理がメインのこのお店で夕食をとることに。

191025_84.jpg温かいお料理が冷えた体を温めてくれます。オーダーしたのは本日のスープと白身魚を使ったワンプレート。魚介系のソースと絡めて頂きます。白身魚がとても大きいのですが、あっさりしていてたくさん食べられます。

191025_86.jpg店を出ると通りの奥には先ほど訪れた教会のライトアップされた姿が。街の光と重なりとても幻想的です。オーロラベルト帯に位置するレイキャビク。オーロラの光が強ければ、こうした街からも見られるそう!ぜひその光景を見てみたいと思いました。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |