PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第103回クルーズレポート

第103回クルーズレポート トップへ

ひと─参加者紹介

参加者紹介 / シン・ヨンホさん

韓国から参加、28歳

ピースボート乗船のきっかけは?
実は2年前に乗船したことがあったのですが、船の生活が懐かしくなり再び戻ってきました。2年前、韓国の「Good Travel Company」というピースボートのプロモーションを行う会社の仕事で乗船しました。TikTokに7万人のフォロワー(@Koreanguidejoy)を持っているので、当時は写真や動画を撮影し、SNSやブログにアップする業務をしていました。その時友だちもたくさんでき、いろいろな国で考え方が得られ、そして何よりとても楽しかったので、今回は100%乗船者として乗っています。ピースボートは「僕の人生のもと」とも言えるので再び乗船しました。

船内ではどのような生活をおくっていますか?
とにかく食べることが好きなので、9階と4階のレストランめぐりをしています。ビーフシチューとか親子丼とか本当に美味しい!1日8食食べている時もあります。その分ジムにもたくさん行っています。それと語学の勉強に力を入れています。2年前のクルーズでは日本語ができませんでしたが、ピースボートの船内で毎日10時間以上日本の友達と遊ぶことによって、日本語ができるようになりました。(このインタビューも通訳なしで行いました!)今回は中国からのお客さんが多いと聞いていたので、中文をマスターしようと思っています。あとはスペイン語も!毎朝スペイン語GET(洋上語学教室)の先生とご飯を食べているので。とにかく留学するより船に乗ったほうが全然良いと思っています。本を使って独学で勉強し、すぐにネイティブスピーカーにチャレンジできる環境がここにはあります。船だったら知らない人でも一瞬で友達になれますからね。

今までの寄港地で印象に残っていることは?
基本的には一人で行動しています。途中まではみんなと観光して、夜はバーやクラブへ行っています。厦門もセブ島もバリ島もすごくよかったです。地元の人たちと仲良くなって一緒にまわることも。バリでは地元の人の家に泊めてもらい、打楽器のジャンベを作っている人と仲良くなりました。そこでなぜかジャンベの経営コンサルティングなんかもしたりして(笑)

楽しみな寄港地は?
これから行くところは全部初めて行く場所なので全部楽しみです。いろんなミュージシャンやビジネスパートナーと出会いたいです。生き方、考え方、文化、全て違うので楽しみです。

旅が終わったら
この旅が終わったら、スペインもしくは中国に行って海外生活、語学にチャレンジしてみたいです。まだまだ成長できると思っています。50代くらいになったらピアニストなんてのも面白そうです。

最後にひとこと
僕が人生で一番に考えることは「自分自身がいい人になる」ということです。知識的にも経済的にも、それらの成長に一番関係してくるのが、周りの人たちの助け。みんなの優しい態度や礼儀正しさがたくさん学びを与えてくれます。ピースボートのみんなが優しく話しかけてくれることが、僕の成長を助けてくれているので感謝しています。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |