PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第69回クルーズレポート

第69回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ラグアイラ(ベネズエラ)寄港 ~エル・システマの魅力にせまる~

大きな貧富の差から、貧困層の子どもたちが犯罪や暴力へと走ってしまうことが、大きな社会問題となるベネズエラで、ひときわ注目を集めているのが「エル・システマ」と呼ばれる音楽教育システム。貧困層の子どもたちに、無料で音楽教育を行うもので、子どもたちに音楽や楽器に触れる機会とともに、将来への夢や目標を与えるものとなっています。まず訪れたのは、エル・システマで音楽を学ぶ小学生グループ。小さな子どもたちだとは思えない、迫力の演奏です。

次に訪れたのはエル・システマ本部。音楽学校の一部とは思えないような、大きなコンサートホールに一同びっくり。それもそのはず。このエル・システマ。始まった当初こそ、「小さな音楽サークル」といった規模のものでしたが、その名が広まるにつれ受講希望者が殺到。現在は、世界で活躍するプロの音楽家を輩出するほか、オーケストラとしても世界ツアーをこなすほどの実力なんです。(ちなみに、いま注目の若手指揮者グスターボ・ドゥダメルもこのエル・システマ出身!!)

ラグアイラ練習場にオジャマさせてもらいました。エル・システマが教えているのは、クラシック音楽はもちろん、ベネズエラの伝統音楽、合唱などさまざま。現在の受講者はベネズエラ国内で30万人にもなるそう。今や、ベネズエラの重要な教育システムの一つとなっているんです。

30万もの子どもたちに無料で音楽を教えているだけでもスゴイことですが、受講を希望しながら、楽器をはじめとする練習環境の不足から、「順番待ち」となっている子どもも少なくないそう。常に楽器不足の状況にあるという状況を受け、ピースボートでは、日本で中古楽器を募集し青少年オケへおくりました。この楽器を使って、音楽を始める子どもたちがいるんですね。

最後に、今日1日、見学させていただき、素晴らしい演奏を披露していただいたお礼に、ピースボートからも1曲プレゼント。曲目は『ふるさと』です。日々、エル・システマで学んでいる彼ら、彼女らの演奏にはとてもかないませんが、気持ちは伝わったよう。温かな交流の時間となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |