PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第76回クルーズレポート

第76回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ミコノス島(ギリシャ)寄港

2012年06月07日

オーシャンドリーム号はギリシャ、ミコノス島に寄港しました。ここは『エーゲ海に浮かぶ白い宝石』とも称される場所。真っ青な海と抜けるような青空に映える白壁の家々、これらのコントラストが何とも美しい、リゾート地です。船を降り、さっそく街へと向かいます。道すがら、振り返ると岸壁に停まるオーシャンドリームの姿が。エーゲ海の真っ青な海と空に映える白い船体――ポストカードのような風景が広がります。

海に沿って歩けば、観光の中心地・ミコノスタウンへ到着。おしゃれなカフェやレストラン、お土産物屋さんが軒を連ねます。

港のすぐそばに立つ朝市では、取れたての食材が並びます。新鮮な野菜や果物、魚介類が並ぶ様子は見ているだけでも楽しいもの。カゴいっぱいのトマト、とっても美味しそう!!

ちょこんと乗った青い屋根と、同じ色で彩られた窓枠がかわいらしいセント・ニコラス教会。のんびりと海や通りを眺める人たちの姿があちこちに。ここは地元の人たちの憩いの場となっているよう。

ミコノス島一番の見どころがこちら、パラポルティアニ教会です。400もの教会があると言われるミコノス島。その中でもこのパラポルティアニ教会は、ポストカードなどによく使われる場所なんだそう。独特のフォルムが印象的です。

ショッピングはもちろんミコノスタウンの楽しみは、やっぱり真っ白な石畳が続く路地散策。どこまでも続く白壁の街並みが本当にきれい。

街の美しさをより引き立てているのは、ブーゲンビリアの花々。ちょうどお花のシーズンに寄港できて、本当にラッキーでした。青空、白壁、ピンクのブーゲンビリア、これらすべてがエーゲ海の太陽に輝いています。

ミコノス島のシンボルともいえる風車。小麦をひくために作られたものですが、現在はその役目を終えているそう。それでもこの可愛らしい建物は、当時のままに残されています。

丘の上に登ってみると、街を一望できるスポットが。白い街並み、青い海と空、そして風車。どこを切りとっても絵になります。

ミコノス島のアイドル(?!)がこちらのペリカンさん。市場やおみやげ屋の前を、トコトコと歩く姿がなんともかわいらしい!アイドルらしく、カメラを向けると逃げるどころか、ポーズを決めてくれるんですよ!

皆さん、たっぷりとミコノス島を満喫されたよう。「ここに住みたい…」参加者の皆さんから、そんな言葉を何度聞いたことか。美しい街並みをたっぷりと楽しんで、明日は同じくギリシャのピレウスに寄港します。同じギリシャでも、今度はどんな出会いがあるのか楽しみ!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |