PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第76回クルーズレポート

第76回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

「情熱の国」の表と裏

2012年06月11日

カタニアを出港したオーシャンドリーム号。洋上講座に登場したのは、バスク(スペイン)出身の水先案内人イニーゴ・アルビオルさんです。約1週間後、本船が寄港するのはバスク地方の港町ビルバオ。バスクの歴史や文化、スペイン内戦における歴史認識を専門とするイニーゴさんは、ビルバオ寄港に向けて打って付けの水先案内人なのです。今クルーズ第1回目となる今回は、まずは「スペイン」という国について様々な視点から語っていただきました。
日本では観光地としてのイメージが強いスペイン。時に「情熱の国」なんて呼ばれることもありますが、長い内戦の歴史やバスク自治州などにおける独立運動については、詳しくない方も多いもの。また、昨今はヨーロッパにおける経済危機のニュースで名前を聞くことも少なくありません。イニーゴさんはこうしたトピックをひとつひとつ丁寧に解説。特に注目が集まったのは、スペインにおける原発問題。現在は緩やかに原発の縮小と再生可能エネルギーの導入を進めていますが、依然多くの問題を抱えていると言います。
ガイドブックを開いても、こうしたお国事情はなかなか見えてこないもの。また講座の内容のみならず、イニーゴさんの参加者ひとりひとりに語りかけるような、温かな語りも好評だったよう。続く講座もますますの人気となりそうです。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |