PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第76回クルーズレポート

第76回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

レイキャビク(アイスランド)寄港

2012年07月02日

オーシャンドリーム号はアイスランドの首都レイキャビクに寄港しました。船を降り、バスでしばらく行くと「ラウドオラー」と呼ばれる溶岩の大地が広がる場所へ。アイスランドが火山島であることが感じられる風景です。

今日の目玉は、アイスランドの大地を体感する乗馬体験。長靴やヘルメット、馬具を準備したら、それぞれパートナー(の馬)とご対面です。事前に習った通り、声をかけ、スキンシップをとり、背中を借ります、ヨロシクね、とご挨拶。

「どの馬も温厚な性格だし、皆さんと一緒に島をめぐるためにちゃんと調教されてるから大丈夫」という言葉に背中を押してもらいながら、おそるおそる馬の背へ。最初こそ皆さんちょっと緊張気味でしたが、しばらく経つとだいぶん慣れてきたよう。カメラを向けると、笑顔で応じてくれました。

アイスランドの大地を一列に進みます。下船時こそ空模様が少々不安でしたが、乗馬中は時折晴れ間ものぞく乗馬日和となりました。また、皆さんすっかりパートナーともうち解けたよう。お別れの時間には「別れがたい…」なんて声も。

お昼ご飯は、アイスランドの伝統料理、たっぷりの野菜とラム肉をを煮込んだスープ。暖かいスープが、乗馬で疲れた身体に染み渡ります。

午後は世界最大の露天風呂、ブルーラグーンへ。温泉大好きな日本人には、ハズせない場所です。ブルーラグーンの温泉水は白濁タイプ、皮膚病の治癒効果が見込まれるそう。

ブルーラグーンは、地熱発電所が汲み上げた地下熱水を再利用した施設。写真奥の白煙をあげている建物が、スヴァルスエインギ地熱発電所です。70℃ほどの発電所からの排水を、38℃前後に調節し、温泉としているそう。アイスランドは国内のエネルギーの大部分をこうした地熱発電でまかなう、世界有数の地熱発電大国でもあります。日本もアイスランド同様、火山大国。地熱発電への取り組みや、エネルギーへの考え方は、私たちにも学ぶ点がありそうです。

先ほど書いた皮膚治療の効能のほか、石灰成分による美肌効果もあるとか!! この情報には皆さん、鋭く反応(※特に女性陣)。石灰の「天然クリーム」を手ですくって身体になじませます。パックのようにしばらく置いて洗い流すと、お肌はしっとりすべすべに!

こちらも忘れちゃいけない、お土産物屋さん。定番はユニークな模様の編み込みセーター、手袋、マフラー、帽子など。またブルーラグーンオリジナルのスキンケアグッズも人気が高いそう。

この間、船内で環境やエネルギーに関するたくさんの講座を開いてくれた水先案内人・田中優さんは、ここアイスランドで下船となります。一緒に講座を作ってきた水先案内人パートナーの皆さんと記念撮影。優さん、日本でまた必ず会いましょう!
アイスランドを出港し、船はここからさらに北上。北極圏をめざします。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |