PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第79回クルーズレポート

第79回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

香港(中国)寄港

2013年04月06日

4月6日午前7時、オーシャンドリーム号は最初の寄港地・香港に寄港しました。港は香港島が一望できる場所。ショッピングモールや市街地へのアクセスも良く、まさに港町。町名に「港」と入っているのもうなづけます。この港が、街のシンボルであり入口なんですね。

皆さん、さっそく船を降り街へと繰り出します。カメラを向けると「行ってきまーす!!」と皆さんいい笑顔。

かつてイギリス領だった街。1997年の「返還」をよく覚えている、という方も多いのではないでしょうか。街並みや街灯や道路、往来の雰囲気も、どこかイギリスの面影を感じさせます。

港から歩いて5分ほど、日本でもおなじみの「SOGOデパート」を発見。高層ビルが建ち並ぶ中、あまり背の高くないビル、そしてガラス張りのオシャレな店構えが目を引きます。

こちらの自動販売機、何が売られているかわかるでしょうか?
なんと、折りたたみ傘の自販機なんです!(ちょっと見づらいでしょうか。販売機の左上には「UMBRELLA」の文字が)えっ、傘!?と思いましたが、折りたたみ傘って急に必要になるもの。駅や店先にあったら意外と便利かも。

香港島行きの遊覧船へ。オーシャンドリーム号が着岸する港から、遊覧船乗り場までは歩いて10分ほど。お天気はあいにくの曇り空でしたが、空は明るく景色もスッキリ見渡せます。

高層ビルが建ち並ぶ金融街。香港のビジネスの中心です。道一本隔てるだけで、景観がどんどん変わるのがこの街のオモシロイところ。

金融街からMRT(地下鉄)に乗り「北角(North Point)」で下車。それにしても、海外で電車やバスといった公共交通機関を使うと、こんなにもワクワクするのはどうしてなんでしょう?? 車内もホームも興味津々で思わずキョロキョロしてしまいます。

北角駅から地上へ上がるとこんな風景。先ほどの金融街とはまた異なる、何とも魅力的な街並みが広がります。北角周辺はまさに「地元」といった感じ。金融街では英語が多く飛び交っていましたが、このあたりではあまり通じないよう。…と言っても、こちらも英語は苦手(苦笑)。お互い、カタコトの英語と身振り手振りでやりとりするだけに、こっちの方が合っているよう。

本日のランチ!身振り手振りでどうにか注文しただけに、出てくるまでちゃんと注文できているかドキドキ。お目当てのメニューが出てきてホッと一安心&嬉しい!正式なメニューはわかりませんが、日本名をつけるなら「鶏肉の角煮風あんかけ丼」といったところでしょうか。大きな鶏肉が2枚乗って34香港ドル。日本円にして500円以下。安い!!その上ボリュームたっぷりで、そして美味しい!!!! 言うことナシです!!

香港島から戻り、しばし街中を散策。こういう時間が本当に楽しい!

出港の時。「100万ドルの夜景」に見送られての出港シーンに、デッキにはたくさんの参加者が集まります。テレビや雑誌でもお馴染みの見慣れた景色ですが、船から見るのはまた格別。こんな素晴らしい景色に見送られて、次の港を目指す、というのも地球一周ならではです。続く港でどんな出会いがあるのか今から楽しみ!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |