地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第84回クルーズレポート

第84回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ミコノス島(ギリシャ)-街並み-

2014年09月17日

にゃ~…と愛らしい写真から行きましょう。ミコノス街並みレポート。
ここミコノス島は「猫の島」としても有名な、世界の猫好き憧れの地。猫さんたちも心得たものなのか、カメラを向けても怯えることなく、堂々としたもの。

ここまでのレポートでもお伝えしてきましたが、裏路地の美しさといったら…。そしてこの路地は、公道…かな?どなたかのお家だったらスミマセン……とちょっとドキドキ(実際、ミコノス島って私有地が多いので、歩くときは気を付けないと…)。とにかく登って、登って、向かうは……

ミコノスタウンの反対側からのぞむこの景色!!!!
美しすぎる………

沖合には我が家・オーシャンドリーム号。真っ青なエーゲ海に、美しい姿が映えます。寄港地でこんな風に、ちょっぴり誇らしい気分で船を見つめることができるのも、船旅ならではです。

オシャレな建物の続くミコノス島。病院ですらこのオシャレさ。病院なのに、見ているだけでワクワクしちゃいます(笑)

そして街中のあちこちに教会。教会が人々の生活に根付いていることが伺えます。

小さな教会の中を見学させていただきました。決して派手ではないけれど、とても大切にされている場所であることが感じられます。何とも温かな空間です。

白壁にブルーの扉、そして家を彩る鮮やかな草花。いちおうお伝えしておきますが「普通の家」です。どなたかのご自宅です。

路地をのぞくたび、のぞくたび、現れるのがこうした景色。「ここもオシャレ」「あぁ、ここもステキ」「お、カワイイ…」とシャッターを切り続けてしまいます。(もぅカメラのメモリーがたいへん(笑))

お待ちかねのランチタイム。まずはサラダ。ここはギリシャですから、やはりギリシャ風サラダです。大きなチーズが嬉しい!!

メインはやっぱりシーフードを。塩焼きしたお魚に温野菜とオリーブオイルを添えて。

そろそろ我が家・オーシャンドリーム号に戻る時間。島に来た時同様、テンダーボートに乗って本船へと戻ります。海上から見るミコノスの街もまた、素晴らしい美しさ…。

船に戻ってきました。こんな風に、海から見る我が家もなかなかいいモンです。
「ただいま」――船に向かってこんな風に思えることがまた嬉しい。そして、この船に戻ってくると、何だかホッとするんです。

夕刻、オーシャンドリーム号はゆっくりとミコノス島を離れます。夕日に色づくミコノスタウン。素晴らしい景色に見送られ、船は次の港をめざします。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |