PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

収穫祭-ステージ部門-

ブロードウェイラウンジ

2015年02月26日

今クルーズで行った、たくさんの企画の「集大成」となる「収穫祭」。ブロードウェイラウンジでは、ステージ部門の発表が始まります。3部構成で、トータル6時間半(!!)にもなる一大イベント。さぁ、どんどん行きましょう!!

オープニングを飾ったのは落語。「切磋亭琢磨さん」が高座にのぼります。巧みな話術に、会場は大笑い。素晴らしいオープニング・アクトです!!

自主企画「オカリナを吹こう」の皆さん。シンガポールを出港した12月上旬から始まり約2ヶ月半、練習を重ねてきました。披露したのは『浜辺の歌』、『線路は続くよどこまでも』、そして映画『エデンの東』の主題曲より。柔らかな音色がラウンジに響きます。

「アフリカのリズムを楽しみましょう!」の皆さんは、目にも耳にも鮮やかな演奏です。この企画、最初はたった1台のジャンベ(アフリカンドラム)から始まったそう。そこにたくさんの参加者が集まり、皆さんそれぞれに、アフリカの寄港地などでジャンベや民族楽器を入手。今日のようなセッションが実現するまでになりました。会場の皆さんも手拍子やダンスで応じる、賑やかなステージに。

「けん玉クラブ」より、今クルーズならではのオリジナルの技が登場!その名も「ウシュアイアの灯台」。

劇団「張り扇」によるリレー講談『忠臣蔵』。ずらりと横一列に演者が並び、物語をすすめます。朗々と歯切れの良い語りと、相の手のように入るハリセンの音が何とも心地良いステージ。

ロープマジックも登場。この方、なんと今回の地球一周の旅に備えて、出発前の約3ヶ月間、マジック・スクールに通って練習を重ねてきたそう(!!)。これまでにも、企画「カードマジック10」や、カードマジックショーなどでその腕をご披露いただきました。今日、ご披露いただいたロープマジックは「私の、ショーマンとしての原点」――マジックが素晴らしいものであったのはもちろんのこと、とにかくカッコイイ!!

フラッシュモブで現れたゾンビ(!!)。披露したのはマイケル・ジャクソンの名曲『スリラー』です。

朝の恒例企画「太極拳」より、名曲『愛の賛歌』にのせた演舞。この旅で太極拳に初挑戦、といった方も少なくないだけに、当初はぎこちない動きの方が多かったもの。今では、ピシリと決まっています。

「ハーモニカ初級教室」の皆さんは、カノン(輪唱)で演奏を披露。ひとりひとりの紡ぐ音が織物のように重なるカノン――それぞれの演奏がしっかりしていなければ成り立ちません。それだけにこの3ヶ月の成長がハッキリと伝わります。

「32式太極剣」。毎朝の太極拳から派生するように生まれた企画です。長い人でも2ヶ月、短い人では1ヶ月程度の練習期間でここまできました。美しいフォームに大きな拍手が起こります。

ここでちょっと閑話休題…といったところでしょうか。夜のトーク企画「こんぺい」参加者による新喜劇です。ちなみに「こんぺい」は「今夜も波へい」から取ったそう。「波へい」は言わずと知れた、本船の居酒屋の名前です。楽しい掛け合いに、「波へい」での思い出を振り返ったという方も多かったのではないでしょうか。

軽快なサルサのリズムにのって「ルエダ」を披露。輪になって、フォークダンスのように次々とペアを変えながら踊ります。クルクルとペアが変わる様は見ているだけでも楽しいもの。「イグアス(の滝)で、(ウシュアイアの)最果て駅前で、バルパライソで、ウユニ塩湖で踊りました。イースター島でも踊りました。最後に、ここで踊ります。………でも本当は“最後”ではありません。いつか、キューバで踊ります!!」

素晴らしいトランペット演奏で登場したのは斉藤さん。高校時代にジャズに出会い、以来「ずーっと『ジャズ狂』です」。3年前からは日本を代表するトランペット奏者・村田浩さんの指導を受けているそう(!!)。地球一周でこんな素晴らしいトランペット演奏に出会えるなんて…。

6時間半にも及ぶステージ部門。全部を紹介しきれないのが残念なところ。最後の写真は「行くぜっ! TNO86」の皆さんによるアイドル・ステージ。曲は「ももいろクローバーZ」より『行くぜっ!怪盗少女』です。元気いっぱいのパフォーマンスに会場からも大きな手拍子&大歓声!!
ここで紹介した以外にも、マジックショー、フラダンス、合唱、ギター演奏、詩吟、ハンドベル、ウクレレ、フォークダンス……などなど、全34組!! いずれも素晴らしいパフォーマンス。出演者の皆さんが口を揃えて語ったのは「やって良かった」という言葉。そしてステージを見守った会場からは同じくらいの「やれば良かった」や「やってみたくなっちゃった」という声が。大丈夫、何かを始めるのに、遅いなんてコトはありません。きっかけさえあれば挑戦できます。そして今日がその「きっかけ」です。まだまだここから、新しいチャレンジは続きます。これも地球一周マジック!! (なんなら、もぅ1回地球一周、もオススメ!!(笑))

ステージにあがった皆さん、おつかれさまでした。素晴らしいパフォーマンスを、ありがとうございました!!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |