PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

GETプロジェクト

洋上語学プログラムGET/ブロードウェイラウンジ

2015年02月02日

地球一周の旅を通じて、英語・スペイン語を学ぶ洋上語学プログラム「GET(Global English / Espanol Training)」。このカリキュラムの一環として、クラスとは別に行われていたのが、小グループに分かれ、それぞれにテーマを立てて取り組む「GETプロジェクト」です。今日行われたのはその発表会。「ことば」を軸にした、ユニークな取り組みを披露しました。

まず登場したのは「Peace Band」の皆さん。英語で『You are my Sunshine』、スペイン語で『MUY PEQUEN~O EL MUNDO ES』(It's a small world)を歌います。最後は英語と日本語で『If you're happy and you know it / 幸せなら手をたたこう』。いずれもお馴染みの歌ですが、英語やスペイン語で歌うとすごく新鮮。そして楽しい!!

こちらの皆さんは、ピースボートでの出会いを1つの「本」にしました。同じ船に乗り合わせたクルー(乗組員)の皆さん、ピースボートスタッフ、そしてたくさんの旅仲間たちへのインタビューが綴られています。

「音楽を見よう!」プロジェクト。メンバーそれぞれが選んだ好きな洋楽曲をモチーフに、スライドショーを作って上映します。曲の選び方、歌詞の解釈、写真の選び方もユニークでオモシロイ!!

会場を大いに沸かせたのは、演劇チーム「劇団シップスピア」。シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』をモチーフにしたオリジナル劇『シップリン&ジュリエット』を上演しました。「シップリン」は、このクルーズでも度々登場しているピースボートのオリジナルキャラクター。船の妖精で、今は本船・オーシャンドリーム号で暮らしています。ちなみに、口癖は「○○ダリン!(舵輪)」、好きな食べ物は「プリン」なんだとか。
シップリンと令嬢ジュリエットが繰り広げる、ロマンティックな(?)冒険劇に会場は大盛り上がり。

そして「インタビュー」プロジェクト。そのネーミング通り、船で訪れた各地でインタビューを行ってきました。スペイン語クラスの皆さんは、スペイン語圏の寄港地で、もちろんスペイン語でインタビューを実践してきたというからオドロキです。(※英語に比べて馴染みの薄いスペイン語。受講生の皆さんも多くは初級者ですから、コレは本当にスゴイことなんです!!)
尋ねたのは「アナタの夢、アナタの大切なもの」。世界各地の、たくさんの人たちの夢や宝物が寄せられます。「プロジェクトを通じて、世界中に友だちができた」という言葉も印象的。

「ことば」はコミュニケーションの「道具」――改めてそう感じた方も多かったよう。素晴らしいプロジェクト発表会となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |