PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

「アフリカIS」と文化交流

フリースペース

2014年12月20日

国連・国際防災戦略事務局が進める「世界防災キャンペーン」の公式パートナーをつとめるピースボート。今クルーズは、世界各地に防災や減災の取り組みを呼びかける「メッセンジャー」、そして世界各地の専門家が集いトレーニングや議論を行う「場」としての役割も担っています。
このキャンペーンの一環として、モザンビークから本船に合流したのは、アフリカ各地で防災・減災に取り組む6人の若者たち。「ピースボート国際奨学生(International Students = 通称IS)」として乗船する彼らと、「ハジメマシテ」の文化交流会を行いました。

日本からは遠く離れたアフリカに暮らす皆さん。日本の文化や風習に興味津々のよう。こちらはマダガスカル出身のフェッチさん。皿回しに挑戦です。「スゴイ!感動!!」と目を輝かせるフェッチさん、むしろ驚くのはこちら側。上手い!!! ホントに初めて?と疑ってしまうくらい上手いです。

南アフリカのサベロさんはお習字に挑戦。「サベロ」の音に「左部呂」と漢字をあてて、さっそく書いてみます。初めて見る漢字に「カッコイイ!!」と嬉しそう。そんな風に言ってもらえると、こっちまで嬉しくなっちゃいます。

マダガスカル出身のミリアムさんも同様にお習字に挑戦。「美利編」――とっても上手に書けてます。

国連防災機関・アフリカ支部で働くケニア出身のイザベルさんはお箸に挑戦。「難しい~」そうですよね。「でも、食事の時に使えるようになりたい。せっかく日本の皆さんがたくさん集まる船に乗ったんだから、上手になりたい!!」自分たちの文化に興味を持ってもらえるって、本当に嬉しいこと。
今回はピースボートからISの皆さんへの文化紹介企画となりましたが、後日、ISの皆さんから私たちへの文化紹介も予定されているそう。アフリカの文化に触れられるなんて滅多にないチャンスです。どんな企画になるのか楽しみです!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |