PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

パタゴニアフィヨルド遊覧

2015年01月18日

引き続き、パタゴニアフィヨルドを周辺を航行中のオーシャンドリーム号。今日はフィヨルド最大の氷河「ピオ11世氷河」へとやってきました。海へと流れ込む氷河の幅、実に4.5km!! 氷河の源流となる山の懐までは数十キロという大氷河です。しかし、ピオ11世氷河周辺はあいにくの霧模様。靄の向こうにうっすらと氷河が見えるのがわかるでしょうか??

後ろ髪引かれる思いでピオ11世氷河を後にし、次に訪れたのはペンギン氷河。こちらも霧や雲に阻まれ、氷河こそあまり見えませんが、目前に広がる絶景は行きをのむ美しさ……。

海面には流氷。ペンギン氷河から流れ落ちたものです。

スポーツデッキでは、寒さに負けずにペタンクが始まりました。フィヨルド沖の澄んだ気持ちのいい空気、視線をあげれば絶景!――このロケーションで楽しむペタンクはすっごく気持ちがいい!!

「ナイス・ショット!!」フィヨルドに響くかけ声も気持ちがいい。

海面に浮かぶ流氷。ひとつひとつ、形も大きさも様々で、いくら見ていてもまったく飽きません。パタゴニアフィヨルドをゆく船のデッキで、のんびりと流氷を眺める――思えば、すっごく贅沢な時間です。

パタゴニアフィヨルドの「最終ポイント」にあたる、セノオトウェイフィヨルドへ。この地球にこんな景色があるなんて…。そう思わずにはいられない、神秘的な美しさです。何千年、何万年もの時間をかけて作られた景観――。改めて、この自然は私たちのものだけではない、すべての生き物にとっての「宝物」だと実感します。

ここで、参加者みんなで記念撮影。一生忘れることのできない、大切な思い出がまた一つ増えました。
フィヨルドを後にし、船はここから太平洋へ。チリ、バルパライソ港をめざして進みます。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |