PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

パペーテ(タヒチ)寄港

2015年02月13日

オーシャンドリーム号は、タヒチ・パペーテ港に着岸。時に「南太平洋の楽園」と呼ばれる美しい土地。期待が高まります。

船を降りた私たちを迎えてくれたのは、明るいタヒチアン・ミュージック。鮮やかな衣装と花飾りも素敵です。

港のほど近く、早速、パレオのお店に出会いました。まだ着いたばっかりなのに、欲しくなっちゃう。お土産は最後に……いや、でも、ここで買って、パレオ姿で街歩きも楽しいかも!?

港からすぐのトコロに、マルシェ(市場)があるのも嬉しい。2階建ての大きなマルシェで、1階にはお土産物や日用品、食料品などが並びます。観光用ではなく、地元の人も集まるマルシェだけに、とっても賑やか。

パペーテの人々の暮らしを支えるマルシェ。新鮮な野菜や果物、お魚もたくさん並びます。キラキラのお魚、美味しそう!!! (生魚を見て「美味しそう!!」と思える文化に生まれて良かったなぁ…)

こちらはティキと呼ばれる木彫りの人形。ポリネシアに伝わる古代神をモチーフにしたものです。ちょっと魚っぽい??なんて思うユニークなお顔ですが、しばらく見つめていると、何とも言えない愛着が沸いてくるもの。

マルシェの2階へ。お土産にもピッタリな、パレオやアロハシャツが並びます。「どっちがいい?」 う~ん…これは迷いますね。

マルシェのすぐ裏手、ド・ゴール将軍通りに建つのは、この島のシンボル、ノートルダム大聖堂です。有名な、パリのあれと比べると、大きさも装いもずいぶん異なりますが、柔らかな黄色い壁と赤いとんがり屋根が何とも可愛らしい!!

私たちが訪れた今日はちょうど「フラワー・フェスティバル」の日。聞けば、今日のイベントに合わせて、ココナッツ繊維のロープから、バスケットやアクセサリーを作っているそう。奥に完成品が見えますが、これ、とってもカワイイんです。オジさんの帽子の花飾りも、とってもオシャレ。

タヒチ島からフェリーに乗って、お隣のモーレア島へ。ガイドブックなどでご覧になったことのある方も多いでしょう。あの水上コテージの並ぶ島です。なんって美しいんでしょう…。「ぜったい、また来る。それでココに泊まる!!」 同じ思いを抱いた方も多かったよう。

コテージでランチをいただきます。まずはバゲットから。フランスの影響を色濃く受ける土地とあって、「本場」と同様、フランスパンは名産とも言えるもの。ソースやドレッシングも、フランス風の繊細な味わいです。

春巻き!! これは「Nems(ネム)」と呼ばれ、タヒチではポピュラーなもの。スナックスタンドなどで気軽に楽しめます。パリパリのサクサクで、とっても美味しいです。

ビーチへ。タヒチを代表する地ビール「ヒナノビール」で乾杯!! フルーティーですごく飲みやすい。美味しいです! 日本のビールは苦くて…という方も、ヒナノビールは美味しくイケると思いますよ!ちなみに「ヒナノ」は、「可愛い女の子」の意味。このラベルの女の子をモチーフにした、ステッカーやTシャツもお土産物に人気です。

ビーチのハンモックでお昼寝…なんて過ごし方もタヒチの醍醐味のひとつ。美味しい料理でお腹いっぱい、ヒナノビールでほろ酔い気分、視線を上げれば美しい海、南国の風に揺られながらハンモックでのんびり――う~ん……シアワセ。

モーレア島をたっぷり堪能し、パペーテ港に戻ります。青い空、輝く海、緑深い温帯林……皆さんそれぞれにタヒチ島を楽しまれたよう。夜、船はゆっくりと港を離れます。明日は同じくタヒチのボラボラ島に寄港。どんな出会いがあるのか、期待が高まります。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |