PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

観光立国と新しいツーリズム

原一樹さん(哲学・社会理論・観光研究者、神戸夙川学院大学観光文化学科准教授)/ブロードウェイラウンジ

2015年02月18日

神戸夙川学院大学・観光文化学科で教鞭を執る水先案内人・原一樹さん。観光倫理や観光教育、コンテンツ・ツーリズムなどの研究に取り組んでいます。原さんの今クルーズ最初の講座となる今回、テーマはずばり「観光」。そもそも「観光」とは――その歴史と今、さらに観光がもつ未来の可能性をお話しいただきました。

国の光をみせる――「観光」という言葉をこう改めて捉え直すと、様々な視点が見えてくるもの。その歴史や価値を解説した上で原さんはこれからの日本の観光に言及。「日本の観光にはまだまだ“のび白”がある。少子高齢化の進む地域では、産業としての観光がどれだけ貢献できるかは大きなカギ」と語ります。「私たちが意識していないトコロに、日本でしか得られない価値がある」と、海外の人々が日本に感じる神秘性や、細部へのこだわり、日本が独自に育て上げた「ヲタク文化」などを挙げます。
昨今、行き先もその目的も多様化する観光。原さんの語る、新しい日本の観光や、これからの観光の未来に、観光が持つ「可能性」を感じた、という方も多かったよう。私たちはこれからどんな「観光」を目指すのか、そして日本や私たちの身近な「観光」のために何が出来るのか――身近だからオモシロイ。「観光」について改めて考える、興味深い講座となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |