PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

風邪のド・ツボ

大沢則夫さん(武医道家、健康アドバイザー、有限会社くらしの企画代表)/ブロードウェイラウンジ

2014年11月26日

健康アドバイザーで、本船のマッサージルーム「アママ」でもお馴染みの水先案内人・大沢則夫さんによる講座は、ちょっと意味深なタイトル。「風邪をひいた時、その理由を考えるのが大事なんですよ」――理由? フトンを蹴飛ばして寝てたとか、ドコかで伝染されたとか?? 「何か原因があって、身体に歪みがある。それが風邪という形で出て来るんです」「薬を飲めば一時的には直るかも知れませんが、根本的に直さないと、大きな病気に繋がってしまうかもしれませんよ」

今回の講座、随所に大沢さん直伝のストレッチを交えながら進みます。
「座ってずっとスライドなどを見ていると目が疲れますよね。まず目を動かしましょう」 左・右・真ん中・上・下・前……。「身体の力を抜いて腕をブラブラ~っと…ちょっと硬い人がいますよ。見ているこっちまで硬くなっちゃいますよ(笑)」こんな風に力を抜いて腕を動かすことで、痛みや凝りを見つけるそう。

「身体と気持ちを元気に保つことが大切なんです。風邪をひくということは、どこか調子が悪いというサイン。風邪をひくと身体が凝る。身体が凝るのは、頑張りすぎの証拠です」
風邪は万病の元、なんて言葉がありますが、何かの例えではなく事実なんですね。「(次の寄港地)コタキナバルでも、ブラブラしながら歩きましょう!」 思わず“へぇ~”と唸ってしまうような発見いっぱいながら、笑顔の絶えない楽しい講座となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |