PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

洋上語学プログラム「GET」

2015年02月26日

地球一周を通じて英語/スペイン語を学ぶ洋上語学プログラム「GET(Global English / Espanol Training)」。旅をすると強く感じる「話したい」という思いを育みながら学べることから、たいへん人気のあるプログラムです。この間、誰もが自由に参加できるオープン・クラスの様子は何度かお伝えしてきましたが、今日は特別に、有料の少人数クラスにオジャマさせていただけることに!! 本船7F後方の、通称「GET STREET」よりお届けです!!

少人数クラスはレベル別の編成で、1クラス5名前後。GETクラスの最初に行う、読み書きテストと、講師とのインタビューからクラスを決めます。今日は今クルーズの最終レッスンの日。約3ヶ月のレッスンを一緒に過ごしたクラスメート、そして担任講師ともすっかり仲良くなりました。今日が最後なんて、ちょっと寂しくなっちゃいます。

学ぶ内容や進め方も、クラスや担任講師によって様々。パソコンやデジカメ、タブレットなどを効果的に使うクラスも多く、中には「英語/スペイン語でスライドショーを作ろう」「英語字幕付き・ミュージックビデオ編集に挑戦!」なんてレッスンもあったそう。それ、見たいです!!

時にはゲストを招くことも。こちらのクラスにペシャルゲストとして参加したのは、本船・事務局長の挾間俊一(写真・右)です。その人生の多くを「船・勤務」で過ごし、船長の経験もあるという生粋の「船乗り」。英語が堪能なだけでなく、話術も巧み、そしてその「船乗り人生」も興味深いもの。中には「ここだけの話ね」と、ちょっとしたビックリ・トークもあったりして、レッスンだということを忘れてしまうくらい。

クラス編成は、一口に「レベル別」と言っても、ペーパーテストの点数から機械的に分けるわけではありません。GETでは「英語力はレインボーカラー」と呼ばれ、単語力や文法力、言葉を置き換える力、応用力、発音や、身振り手振りまで含むコミュニケーション力など、様々なポイントから判断するそう。そうして編成されたクラスだからこそ、お互いに協力し合いながら学ぶ空気が生まれます。

こちらはスペイン語クラスより。英語クラス、スペイン語クラス、いずれも決まった「テキスト」がありますが、これはGETオリジナルのもの。地球一周だから生まれる、「話したい」「伝えたい」という思いを育み、その思いに応えられるものとなるよう様々な工夫が凝らされています。例文や読解文の内容も、世界の歴史や文化、食や観光をテーマにしたものがたくさん。レッスンという枠を越えて、旅する私たちには興味深いものばかりです。

3ヶ月のレッスンの感想を伺うと、たくさん聞いたのが「英語/スペイン語『で』話すのが楽しい」「英語/スペイン語を口にするのが怖くなくなった」。そして「帰国後も勉強を続けたい」――GETの充実ぶりを示す一番の感想かもしれません。今クルーズのGETクラスは今日が最終日。明日はいよいよ「卒業式」です。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |