PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第88回クルーズレポート

第88回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

パレードしよう!-体を動かすワークショップ-

ジャネット・キスペさん(アレーナ・イ・エステラス所属大道芸人)/スターライトラウンジ

2015年11月02日

水先案内人ジャネット・キスペさんは、ペルーの首都リマ郊外の「自治スラム」ビジャ・エルサルバドルで活動するNGO「アレーナ・イ・エステラス」で大道芸人として活躍されています。…と聞いても「??」と思われる方も多いのでは。
かつてペルーでは「過激武装組織」と呼ばれる人々と政府軍が対立。内戦状態となりました。農村部から戦火を逃れた人々が集まり生まれたのが「ビジャ・エルサルバドル」というスラム。元々は人々が「不法」に集まった場所でしたが、住民たち自らが自治組織を立ち上げ、学校や役場にあたる機能を作り上げ、「奇跡のスラム」と呼ばれるものに。近年ではノーベル平和賞にもノミネートされるなど、世界の注目を集めています。こうしたビジャ・エルサルバドルの発展に大きく寄与したのがNGO「アレーナ・イ・エステラス」です。

「アレーナ・イ・エステラス」が生まれたのは、ビジャ・エルサルバドルがまだ混乱の中にあった頃。表現を通して人間性の形勢、社会参加を――創設者のこうした思いが始まりだったと言います。「アレーナ・イ・エステラス」は、アートやダンス、演劇や舞台を通じて、人々に笑いや娯楽を提供。また活動に携わる若者たちへの「居場所」や「目標」を作り出しました。現在では活動の規模もたいへん大きなものとなり、ペルーのみならず海外公演も多く行っています。
ラウンジでは、ジャネットさんによる「大道芸ワークショップ」がスタート。こちらはジャグリング教室の様子です。

伝統衣装をまとい、フェイスペインティングをして、ダンスを教わります。笑顔で、心を開くように、恥ずかしがらないで大丈夫!――そんな風に励ましてもらうかのようなワークショップは、まさに「表現」を活動の主軸に置く「アレーナ・イ・エステラス」そのもの。

そしてワークショップ参加メンバーみんなで船内をパレード!! 軽やかなステップで船内を練り歩きます。「なにナニ?」とちょっとビックリされた方も、楽しい&楽しそうなパレードに笑顔。「この後、何かあるの??」と興味津々で着いていく人も。デッキをぐるりと回って、フリースペースがゴールです。飛び入り参加も大歓迎!!

「ゴール」のフリースペースで、みんなでダンス! 「大道芸のワークショップ」「船内をパレード」の呼びかけに、「なんだそりゃ?」と半信半疑で参加された方も少なくなかったようですが、これが思いの外楽しかったこと、皆さんの表情から伝わりますよね。「表現するって楽しい!!」そう、これこそがアレーナ・イ・エステラスが、ビジャ・エルサルバドルという「奇跡のスラム」を作り上げた原動力なんです。

最後はお約束の記念撮影。残念ながらジャネットさんは明日寄港するペルーで下船されます。「アートは前向きな気持ちや、夢中になれる環境を作ってくれるもの。困難に向き合うパワーになります。アートから、生きる力を得られるような活動を続けていきたい」――そんなジャネットさんの言葉が印象的なワークショップとなりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |