PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

厦門(中国)寄港-福建土楼-

2015年12月22日

地球一周の船旅は厦門(中国)に寄港。ここからは世界遺産「福建土楼」を訪れました。客家独自の集合住宅「土楼」。外敵の襲来に備え、こうした要塞のような建築になったと言われています。円形のものや四角形のものなど、この地域には多くの土楼が残っていますが、最も大きなこの土楼には、かつて300名を超える人々が暮らしていたそう。

土楼の内部へ。円形の土楼はこうしたドーナツ型になっており、周囲をぐるりと囲むように家屋が続きます。ちなみに、この土楼、米国の人工衛星によって「発見」された際、ミサイル基地ではないかと調査されたという逸話もあるとか。

現在では住居兼観光地となっている土楼とあって、中央部分にはたくさんの商店が並びます。

現在も住居として使われていることも、福建土楼の特徴の一つ。建物の奥を覗くと野菜を切って火を焚いて…と食事の準備をしていたりと、日常の景色が広がります。

お土産物屋さんに並ぶ手作りのお茶や干しシイタケ。それに…この大きいのもキノコの一種でしょうか?? 緑豊かな福建省の大地の恵みをお土産に選ばれた方も多かったよう。この土地の、歴史といまを垣間見る1日となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |