PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ブエノスアイレス(アルゼンチン)寄港-後編-

2016年02月14日

ブエノスアイレス寄港レポート後編は、美味しそうな匂いに誘われて、近くのレストランから(※前編はこちら)。まずは乾杯しましょう。オーダーしたのは、ブエノスアイレス州の地ビール「キルメス」です。国内シェア75%超(!!)というアルゼンチン一番人気のビールです。スッキリとした味わいで、大瓶でもスイスイ飲めます。日本人には飲みやすいかも。

来ました、本日のメインディッシュ、肉!! 今日は「サーロイン・ステーキ」を注文してみました。柔らかくて美味しい!! オランデソースと、クリーミーなポテトとの相性がバツグンです。

ここでダンサーさん登場。美味しい料理をいただきながらダンスが鑑賞できる――何ともゼイタクです。まずご披露いただいたのは私たちの知る「タンゴ」とは少し異なるもの。闘牛を思わせるような勇ましいダンスでしたが、これもまたカッコイイ!!

パフォーマンス後半は私たちもよく知る「タンゴ」へ。軽やかな足さばき、ピンと伸びた背筋、視線…動きもシルエットも美しいのに、さらに美男美女!! うっとりして…思わずため息が出ます。

午後も引き続き街を散策。街中のお店の数も増えてきました。

昨日寄港したモンテビデオでも見かけたマテ茶専用カップ、ここでもあちこちで見られます。木製のもの、ステンレスのもの、革で包んであるもの…素材も色柄も、バラエティー豊かでオモシロイ。

ドリンクスタンド。生搾りのオレンジジュースがいただけるのかな?と思いきや、手前には「CAMPARI」ラベルの瓶!!――そう、絞りたてのオレンジジュースを使ったカンパリオレンジがいただけるんです。これは、美味しいに決まってますよね。…ていうか、美味しすぎて止まらなくなりそう(笑)

街外れの空き地では、サッカーに講じる少年たちの姿が。アルゼンチンと言えば、世界屈指のフットボール大国の一つ。そしてここボカ地区と言えば、かのマラドーナもプレイした名門チーム「ボカ・ジュニアーズ」のホームです。

美味しいモノがあるのはレストランだけではありません。こうした屋台もたくさん出ています。こちらでは、焼きたての大きなソーセージにお手製のピクルスを合わせたハンバーガーがいただけます。美味しそう…なんだけど、さっきたっぷりランチをいただいたばっかで食べ切れなさそう……と今回は断念。でも、食べたかった~!!

コカ・コーラの看板もこんなにオシャレ。だいぶん古いものなんでしょうか?カラフルでカワイイです。

ダンサーさんも休憩中かな。でも、カラフルな街並みの前に立っているだけで、何とも絵になりますね。こんな素敵な街に暮らしていることが「日常」だなんて、羨ましい限り。陽気で明るくて、でもどこか哀愁も漂う、まさにタンゴの調べのようなブエノスアイレス。また来たい、そう思える街がまた一つ増えました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |