PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ラパヌイ(イースター島)-お土産物-

2016年03月04日

昨日に続いて今日も本船はラパヌイ(イースター島)沖に停泊中。まずは本船から島をのぞんだ1枚から。写真右の方、建ち並ぶモアイ像が見えるでしょうか。柔らかな朝日がモアイ像の背を照らします。

島にはオーシャンドリーム号のような大型客船が停泊できる港湾施設がないため、私たちは専用のテンダーボートで島へ渡ります。島の漁師さんらにも協力いただき、順番に島へ。

それにしても、ラパヌイ沖の海の美しいこと!! コバルトブルーと表現すればいいのでしょうか。深く、吸い込まれるような「青」。島に近づくと、淡いターコイズブルーへと変化し、これもまた素晴らしく美しいんです。

テンダーボートの到着ポイントでは、お土産物屋さんが迎えてくれます。こちらでは、モアイ像を実演販売中。

手のひらより少し大きいくらいの石材がみるみるモアイ像に――。聞けば、島に暮らす人々の多くが「アーティスト」だと言います。ラパヌイ伝統の歌やダンスに取り組んでいる方、こうした手工芸品に携わっている方…多くの島民が、クリエイティブな活動に参加しているそう。小さな島ですから当然のように思われるかもしれませんが、なかなかスゴイことですよね。

向こうのビーチでは、ウェディングの写真を撮影中。ラパヌイで結婚式、なんて一生の思い出ですよね。これは最高の贅沢と言っていいのではないでしょうか。海外ウェディングを検討の方、ラパヌイで結婚式、オススメです!!

今日の上陸レポートはここまで。オーシャンドリーム号に戻りましょう。デッキから島の方をのぞむと、ちょうどまた1隻、島から本船に戻ってきました。「おかえりー!!」「ただいまー!!」こんなやりとりも何とも嬉しいもの。だって、オーシャンドリーム号は「みんなの我が家」ですから。

本船からのぞむラパヌイ、そしてこの海の美しいこと。こんな風にデッキでのんびりと景色を楽しむことも、ラパヌイの魅力と言っていいでしょう。

ラパヌイから「出張お土産物屋さん」が来船。ピースボート参加者に向けて特別に、モアイ作りワークショップを開講いただきます。こうしたモアイ作りもラパヌイ文化。文化交流の一貫として、ホンモノのモアイ像と同じ石材を使ったモアイ像作りを教えてくれるんです。これは楽しそう!!

もちろん、お土産物の販売もあります。いろんなタイプの「モアイ像」があって、どれにしようか迷ってしまいます。そして、自分で作る手作りモアイもこんな風に可愛く作れたらいいなぁ。

他にも、ポストカード、マグネット、キーホルダー、アクセサリーなど、様々なお土産物が並びます。

ラパヌイTシャツも人気の一品。これもここでしか買えない超レア品ですから、しっかりおさえておきましょう。ラパヌイ・レポート、まだまだ続きますよ!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |