PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

シンガポール寄港-Botanick Gardens-

2015年12月29日

地球一周の船旅は、シンガポールに寄港。ここで訪れたのは「シンガポール・ボタニック・ガーデン」です。1859年開園の歴史ある植物園で、先日、ユネスコ世界遺産に登録されたことでも大きな注目を集めました。

園内には、色鮮やかでユニークな南国の草花がたくさん。こちらはヘリコニア・ロストラタ。オウムのクチバシのような色合いが特徴です。

オンシジウムのアーチ。こうした花や緑に彩られた美しいアーチも随所に見られます。まるで「おとぎの国」のよう。

大きく張りだし絡み合う太い根に、長い時の積み重ねを感じます。

とにかく広い! その面積はなんと、52haにもなります。じっくり全体を見ようと思ったら、半日がかりでも足りないくらい。来園者を飽きさせない演出も多く、1日たっぷりと楽しめます。

苔生した石像も、周囲の植物と見事にマッチしています。

ヤシのような大きな木。こんなに大きいのにどこか優しい――私たちを見守るような佇まいです。

花が咲き、実を付け……そんな生命のサイクルがあることもこのボタニック・ガーデンの魅力かもしれません。

大きな蓮の葉。そのユニークな姿に釘付けになってしまいます。この葉っぱ、どんな作りになっているんでしょう??

観光客はもちろん、地元の人々にとっても憩いの場として親しまれているボタニック・ガーデンですが、それは動物たちにとってもそう。緑豊かな水辺には、白鳥や亀の姿も。

緑と土の香りと、しっとりとした空気――深呼吸すると、本当に気持ちがいい!!

シダの一種でしょうか。新芽がクルクルと丸まっていて、なんだかカワイイ!

野鳥の姿もたくさん見られます。こちらの鳥さんは、鮮やかなクチバシと足が何とも印象的。

この素晴らしい植物園、何が嬉しいって入場無料!! (※ガーデン内に併設されている、世界最大の蘭園「ナショナル・オーキッド・ガーデン」のみ有料)
シンガポールと言えば、マーライオンや高層ビル群、カジノやマリーナ・ベイ・サンズといった近代的な街並みも見どころですが、このボタニック・ガーデンや、最近オープンした「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」といった植物園散策も大きな魅力。シンガポールを訪れた際はぜひ、この「都会のオアシス」をたずねてみてくださいね!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |