PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

冨田さんに聞こう!-NGOってなぁに?-

フリースペース

2016年01月13日

大学在学中から様々な国際支援活動に携わり、現在はJVC(日本ボランティアセンター)スタッフとして南アフリカに暮らす水先案内人・冨田沓子さん。そのパワフルな「スーパー・ウーマン」っぷりと、朗らかな人柄にすっかり「大ファン」になっちゃった、という参加者は多いもの。そこで、そんな冨田さんにいろいろ聞いてみよう、話してもらおう!という企画がこちら。今回のテーマは「NGO」です。企画のファシリテーター(進行役)をつとめるのは、冨田さんによるファシリテーション講座の受講生のひとり、岡山ももこさんです。岡山さんのファシリテート実践にも注目が集まります。

まずは小グループに分かれて、NGOのイメージについて意見を出し合います。「利益を求めない」「情熱的な人がたくさんいるイメージ」「社会問題に取り組んでいる団体」「ボランティア」などなど。中には「給料が安い!」なんて声に笑い声があがることも。様々な意見が出されますが、どのグループからも「知ってるようで意外と知らない」「わかってるつもりだったけど説明できない」といった声が聞こえます。NGOって意外と難しい??

こうした意見を受け、冨田さんは自身がタイのバンコクで、スラムに暮らす人々を支援するNGOに参加した体験を交えながら、「NGOはニーズに応じて生まれ、ニーズの変化と共にカタチを変えるもの」だと言います。そして「仕組みを変えるためのアドボカシー(提言)」「人々の関心をサポートすること」「現場での直接支援」がNGOの主な役割だと語りました。
「NGOで働くことで、いろんな目線で社会を見られるようになったと思う。また、現地の人々と関わることは、自分たちだけでは気付かないことに気付かせてくれると思いますよ」 冨田さんの言葉に「NGO」や「NGOで働くこと」に改めて興味を持ったという参加者も多かったよう。冨田さんの講座、ますますの注目となりそうです。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |