PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

世界遺産講座2-現生人類の歴史-

吉岡淳さん(カフェスロー代表、元日本ユネスコ協会連盟事務局長)/ブロードウェイラウンジ

2016年03月16日

世界遺産の専門家、水先案内人・吉岡淳さんの講座。前回の講座で参加者のココロをがっちりとつかみ、今日も会場は超満員です。今日のテーマは「人類の歴史」。前回に続き、壮大な歴史物語で引き込みます。人類の誕生、アフリカ大陸から世界への旅路、「農耕」の始まり、「発酵」の発見……現代に繋がる、私たちの歴史が語られます。

そして話題は「世界遺産」の理念へ。かつては「本物=作られた時代、そのままの姿」がどれだけ残っているかが評価されていたものが、考古学の発展などから変化しつつあると言います。

「世界遺産は元々、ヨーロッパ的な考え方で生まれたもの。石の文化が評価されていたんです。そのため、法隆寺の評価も割れました。木は腐る。作られた当時のものはほとんど残っていない。修復を繰り返してきた建造物に価値はあるのか、と――。しかし法隆寺は当時の工法をしっかりと残しています。具材は変わっても形は変わっていません。その凄みが評価されるようになりました。」

そして今「縄文時代の凄さも見直されつつある」と言います。「狩猟採集を行いながら、かつ定住している。これは驚くべきこと」――確かに、当時を思えば、これは新たなライフスタイルの「大発見」で「大転換」だったと言えるものです。人類の歴史を紐解く吉岡さんの講座、ますますの注目となりそうです。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |