PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

OPEN GET-スペイン語-

洋上語学プログラムGET/スターライトラウンジ

2016年01月29日

オーシャンドリーム号はただいま大西洋を横断中。目指すは南米大陸です。そこでだんだんと盛り上がりを見せているのが、洋上語学プログラムGETによる無料のスペイン語教室「OPEN GET」。講師をつとめるのは、「チェマさん」の愛称で親しまれているホセ・マリア・サリさんです。バルセロナ出身のチェマさん、今クルーズにはピースボートの英語版ウェブサイトのレポーターとして乗船しているのですが、「実は、スペイン語教師の資格も持っているんです」という多才ぶり。OPEN GETで大活躍なのも頷けます。

今日のテーマは数字。「ウノ、ドス、トレス…(1、2、3…)」とこのあたりまでは順調なのですが、10を越えるとぐぐっと難易度が上がります。「え~っと…オンセ(11)でしょ、次が…ドッセ(12)で…」ちょっとアヤシくなってきたような(笑)。何度か声に出して練習したら、ここからは2人1組でゲームに挑戦します。ルールは簡単。相手が出した指の本数をスペイン語で言うもの。たったこれだけでも、身体を使うことでずいぶんと数字が身についてきたよう。

後半はさらに実用編。お店でお土産を買うシーンを練習します。「すみません、これはいくらですか?/Disculpe, cuanto cuesta el/la …?」「○○ペソです/○○ pesos.」「じゃぁ、いただきます/Aqui tiene.」――これは大事なやりとりですからね、皆さんシンケンです。…とここでチェマさん、「値段のやりとりだけでなく、ちゃんと挨拶も練習してくださいねー。お店の人、ビックリしちゃいますよ(笑)」と。確かにそうでした。ここで今一度、先日習った基本の挨拶「こんにちは」や「ありがとう」もおさらい。南米大陸上陸の日はもぅすぐそこ。ここで学んだスペイン語会話の実践も楽しみです。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |