PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

「昭南島」と呼ばれるまで

小林香津子さん(ツアーガイド)/ブロードウェイラウンジ

2015年12月23日

ピースボートの旅をより充実したものへと深める「講師」として乗船しているのが、私たちが「水先案内人」と呼ぶ皆さん。本日、講座に登壇いただいたのは今クルーズの水先案内人のひとりで、シンガポール在住のツアーガイド小林香津子さんです。小林さんは、シンガポールの歴史を日本とシンガポール、双方の視点から紹介するツアーを企画。観光だけにとどまらない、シンガポールの様々な表情を伝えています。今日の講座でお話しいただいたのも、そんな「シンガポール」を紹介するもの。第二次大戦における日本とシンガポールの歴史を解説いただきました。

かつて日本がシンガポールを占領し「昭南島」と呼んでいた、その歴史はあまり知られていません。イギリス占領時代に始まり、日本軍の攻撃と侵略、日本占領下にあった連合軍への「捕虜虐待」――小林さんは「昭南島」の歴史を丁寧に紐解いていきます。近年、貿易の要所として目覚ましい発展を遂げるシンガポールだけに、日本軍とのあいだのこうした史実に驚きを感じた方も多かったよう。
小林さんには、この後寄港するシンガポールで行う「昭南島」の歴史検証プログラムにもご同行いただく予定。シンガポール寄港へ向けて歴史を学ぶ、大切な講座となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |