PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

世界一大きな授業

フリースペース

2016年01月16日

世界の「教育」について考えるワークショップ、その名も「世界一大きな授業」が開講! 日本に暮らしていると文字の読み書きが出来ることは当たり前、「識字率」を意識することはあまり無いかもしれませんが、世界に目を向ければ状況は大きく異なります。国連の統計では、実に7億人を超える大人たちが識字教育の不足から、読み書きに困難を抱えていると言います。

「読み書きが思うように出来ない」とはどんなことなのか、実際に体験します。配られたのはタイ語で書かれた求人広告。「皆さんはどの求人に応募しますか?」…と問われても、タイ語が読めない私たちにはサッパリわかりません。かろうじて数字だけは読めますが、これが給与のことなのか、労働時間のことなのか、資格や条件が書かれているのか…。小グループに分かれ、求人票を比べながらディスカッション――というか、もはや「予想大会」のよう。満足な職を得られないどころか、応募すらできない。そもそも、募集があるのかどうかすらワカラナイ…。「文字が読めない」という体験に改めて衝撃を受けたという参加者も少なくなかったよう。

改めて世界の教育について解説があります。世界で5000万人を超える子どもたちが学校に通えない、女性が教育を得られる割合…地図に記しながら改めて考えます。国連は、今から約15年前、2000年に「ミレニアム開発目標」を定め、大人も子どもも、全ての人が基礎教育を得る権利を保証する「万人のための教育」の達成を掲げました。「達成」にはまだまだ多くの課題や困難がありますが、少しずつその取り組みは広まっています。「教育」の意義と権利を改めて考えるものとなった今回のワークショップ。「世界」に目を向け、私たちに出来ることを考える大切な時間となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |