PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第90回クルーズレポート

第90回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

洋上サンバカーニバル

リドデッキ

2016年02月04日

「リオのカーニバル」が待つ、リオデジャネイロ(ブラジル)寄港を2日後に控え、ソワソワしっぱなしの船内。今宵、一足先にカーニバルを先行体験しちゃおう!と「洋上サンバカーニバル」が開催されました!! 司会をつとめるピースボートのダニエル・リード。リオデジャネイロの街を一望する「コルコバードの丘」に立つキリスト像のポーズで迎えます。

水先案内人フランシス・シルバさん(サンバミュージシャン)率いる「バテリア」(※サンバチームの打楽器隊)の演奏が始まりました。今夜ためにたくさん練習を重ねてきたとあって、息の合った素晴らしい演奏。力強いリズムが心地よく響きます。

続いてバンドチーム登場。この洋上サンバカーニバルのために作られたオリジナル曲を披露します。爽やかなメロディーと軽快なリズムに、思わず身体が動きます。

演奏が進むと、ドラムのリズムもどんどんドライブ。グルーブ感が増してきたところで、満を持して、ダンサーのマーク朋子さんが登場!!!! 艶やかな衣装と、軽やかなステップに大歓声があがります。

素晴らしい…という言葉すらチープに響いてしまうような、素晴らしい、素敵な、カッコイイ、艶やかで軽やかで力強いダンス。この圧倒的な存在感。ダンスってスゴイ!!!! こんな素晴らしいダンスが見られるなんて…この船に乗ってほんとうに良かった!!!!

ここからはピースボート参加者によるダンス隊が続きます。本家のリオのカーニバル同様、チームごとにダンスを披露します。最初に登場したのはチーム「フリーダム」の皆さん。

ピースボート国際部の皆さんを中心としたチームは、ブラジルカラーのカナリア色で登場。フェイスペインティングもブラジルカラーですね。このチームには、ブラジルのアマゾン在住の水先案内人、ビンカ・レ・ブレトンさん(環境活動家)の姿も!ビンカさんと一緒にカーニバルが出来るなんて、これも地球一周ならではです。

チーム「団長」の皆さんは、赤がチームカラー。コスチュームに取り入れた仮面も艶やかです。普段とはちょっぴり違った自分になって、リズムに身を委ねて……これぞカーニバル!!

自主企画「ソーラン節」のメンバーを中心に結成された「チームジャパン」の皆さんもサンバに挑戦。一糸乱れぬダンスと共に、メンバーによるソロパートも。ユニークな構成も楽しい!

チーム「ツツ・ウラウラ」の皆さんは、とにかく踊る、踊る、踊る! このチームは皆さんとにかく楽しそうで、見ているこちらまで楽しくなってきます。

全10チーム、ダンス参加者300人超という洋上の一大イベントに、デッキはご覧のような賑わい。

フィナーレ。デッキにはキラキラと紙吹雪が舞います。

大盛り上がりのうちに洋上サンバカーニバルは終幕。総合プロデューサーをつとめていただいた、フランシス・シルバさんも満面の笑顔で参加者とハイタッチを交わします。洋上サンバ終幕後もデッキは興奮さめやらぬ参加者で大賑わい。音楽と踊りと笑顔にあふれた、色鮮やかな一夜となりました。さぁ、続くは、本家リオのカーニバル!!待ちきれないっ!!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |