PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第92回クルーズレポート

第92回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

プエルトケツァル(グアテマラ)寄港-アンティグア編-

2016年11月04日

161104P_01.jpgプエルトケツァル(グアテマラ)に入港しました。
デッキからは、遠くにフエゴ火山とアグア火山の姿が見えます。シルエットがどことなく富士山のようで、なんだか懐かしい気持ちに。

今日訪れるのは、標高約1500mの高原に佇むグアテマラの古都・アンティグアです。

161104P_02.jpg港から車で約1時間半。アンティグアに到着です。
街は世界遺産に登録されており、これまでに地震や洪水、火災などさまざまな被害にあったにもかかわらず、そのたびに修復がなされ、現在も美しい姿を街の至るところで見ることができます。そんな街のシンボルがこちらのカテドラルです。

161104P_03.jpg街の守護聖人サンティアゴが祀られているカテドラル。とても静かな厳かな時間が流れています。

161104P_04.jpg街の中心からすぐのところにある時計台エル・アルコ。ここをくぐると...

アメリカ大陸の宗教美術史においても取り上げられるほどの有名な、ラ・メルセー教会が建っています。メキシコから来た漆喰職人が築いたというバロック様式の教会です。中南米の宗教美術の中でも「最高峰のもの」として頻繁に取り上げられることにも納得です。淡く黄色い色調と壮麗な装飾......なんて美しいでしょう。

161104P_06.jpgそして街の中心部から歩くこと約30分、アンティグアの街が一望できる絶景スポット「十字架の丘」と呼ばれる高台へとやってきました。先ほどまで歩いていた街も、こうして見るとまた違った表情を見せてくれます。街の向こうには、港からも見えたアグア火山がそびえています。その稜線の美しさから、時に「グアテマラ富士」と呼ばれることもあるアグア火山。残念ながら写真では雲がかかってしまいましたが、それでも見ごたえ十分です!

161104P_08.jpgこちらは街の中心部にある有名なおみやげ屋さん。店内には、さまざまなおみげが所狭しと置かれています。奥の方まで進むと、思わぬ掘り出し物があったりして、ちょっとした宝探し気分。その中でもひと際目を引くのが、カラフルな織物の数々です。本当に色とりどりで、とってもカワイイ!!

161104P_07.jpgグアテマラは、世界でも有数の民族衣装の宝庫だといわれています。民族ごとに120もの村があり、村それぞれに色や形が異なるため、衣装を見ればどの村の人なのかわかるのだといいます。

プエルトケツァルのレポートは、まだまだ続きます。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |