PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第92回クルーズレポート

第92回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

公開!子どもの家の日常

ピースボート「子どもの家」 / ブロードウェイラウンジ

2016年11月10日

161110K_01.jpg本日11月10日は「らんらんラーニングデイ」と題して、船内では1日を通して教育について考えるさまざまな企画が行われました。ブロードウェイラウンジでは「みつめよう! 私たちの学びと、これからの教育」をテーマに、92回クルーズで行われているプログラム、子どもといっしょに旅する洋上の保育園「ピースボート子どもの家」の取り組みや、子どもたちの日常を、先生たちが写真を使って紹介します。

161110K_02.jpg子どもの家に通う2~7歳の子どもたちは、IC、CASAという2つのクラスに分かれています。
ICクラスにいるのは、2歳までの子こどたち。水をこぼしてしまっても、自発的にミトンやモップをつかって拭いたりと、自分たちで問題解決ができるのだそう。この1週間だけを見ても、2人がボタンを占める事ができるようになったのだとか。日々クラスで過ごす時間が実生活での自立につながっていると、このクラスを担当する本倉先生は話します。

もうひとつのCASAクラスは、3歳から7歳まで。異なる年齢の子どもたちがいっしょに過ごすことにより、子どもたちは先生からだけではなく、子どもたち同士でたくさんのことを教え合っているそう。「年下の子どもは年上の子どもから教わり、年上の子どもは年下の子どもに優しくする事で、互いにたくさん物事を学んでいる姿が伝わってきます。」それがよくわかるのが、おやつの時間なんだとか。自分たちでおやつの配分を決めたり盛り付けをしたりと、ほとんど大人の手を借りずに自分たちでおこなってしまうと言います。

日々新しい環境に接し、どんどん成長している子どもたち。残り3週間、子どもたちの今後の成長がさらに楽しみになる企画となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |