地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第92回クルーズレポート

第92回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ニカラグア先遣レポート

2016年12月07日

161207_03.jpgピースボートでは、クルーズが寄港するよりも前に先遣として事前にスタッフが現地を訪れ、寄港に向け、観光ツアーや交流プログラムの準備をおこなっています。 現在はスタッフが第94回・第95回地球一周の船旅で寄港するニカラグアを訪れています。

これまでもピースボートが訪れる度に毎回温かく迎えてくれたニカラグアの皆さんと久しぶりの再会です。地元メディアも多く訪れ、さっそく寄港に向けての打ち合わせをおこないます。

161207_01.jpg世界遺産が残る街・レオン市の市長、ロヘル・グルディアン・ビヒルさん(写真・中央)を交え、検証・見聞ツアーについてお話しました。

1502年のコロンブス上陸からスペインの侵略が始まったニカラグアでは多くの先住民族の命が奪われ、1821年の独立後も独裁政権の支配が続き、不安定な情勢が続きました。さらに1972年には首都・マナグアを大地震が襲いました。その後の長い内戦を経て誕生したダニエル・オルテガ現大統領の下、ニカラグア政府は現在、貧困撲滅のための政策や教育、開発などに力を入れています。

161207_02.jpgレオン大学では、学長と副学長と一緒に交流の受け入れについての打ち合わせをおこないました。
 

161207_04.jpgニカラグア環境省のコーディネートでおこなう、ウミガメの保護プロジェクトや、、リサイクル、環境保護活動も企画中。先遣で訪れたホアンベナド島では、産卵の時期を迎えたウミガメの放流を体験!!
現地で体験をすることで感じることができる、自然の大切さを学ぶツアーも計画中です。

第94回、第95回クルーズにご乗船予定の皆さま、どうぞご期待ください。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |